本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

レファレンス協同データベース・システム操作マニュアル(参加館用)

前へ
目次へ 

9. よくある質問


9-1. 事業に関する全般的な質問

Q. レファレンスを申し込みたいのですが

図書館から国立国会図書館へのレファレンス依頼については、以下をご覧ください。

国立国会図書館レファレンス・サービス

ページのトップへ


Q. レファレンス協同データベースにリンクを張りたいのですが

本ウェブサイトへのリンクは基本的に自由に行っていただいて結構です。

ページのトップへ


Q. レファレンス協同データベースの画面を転載したいのですが

有償でのネットワークによる利用は、ご遠慮願います。

[データ詳細表示画面の場合]

レファレンス協同データベースに登録されている各データの著作権は、そのデータを提供した機関に帰属します。利用については、データの提供館へお問合せください。データ提供館の連絡先は、「提供館」の欄に表示された機関名のリンクをクリックしてご確認ください。
なお、データのプリントアウトについては、許諾を取る必要はありません。(「レファレンス協同データベース事業実施要項」第5項第4号参照。)

[データ詳細表示画面以外(データベースのトップ画面や検索画面など)の場合]

データ以外のコンテンツの転載(画像、文書、記事、データ等の転載、放映又は展示)については、当館の転載依頼フォームからお申し込み下さい。

ページのトップへ


Q. 各カテゴリ(レファレンス事例、調べ方マニュアル、特別コレクション、参加館プロファイル)の全データを一覧できますか?

各カテゴリの詳細検索画面で、「登録日時」の始点をレファ協事業開始以前の年(「2000年」等)として検索いただくことで一覧できます。

また、特別コレクションのみ、詳細検索画面に「一覧」ボタンを用意しています。こちらのボタンを押すと、特別コレクションの全データが一覧できます。



ページのトップへ


Q. イメージキャラクターについて教えてください
イメージキャラクター「れはっち」

パンフレット等に使用されているレファ協のイメージキャラクターは「れはっち」といいます。レファ協の個々のデータを葉っぱに例え、参加館の皆様と力を合わせて、レファレンスサービスの豊かな森を作っていきたいという思いをこめて、葉っぱをモチーフにして作られました。


ページのトップへ



Q. ID・パスワードを忘れてしまったのですが

不明なID/パスワードの種類によって対応が変わります。

1.登録用ID・検索用IDが不明な場合

管理用IDでログイン後、メニューの「ID・パスワード変更」画面で任意のID・PWに変更できます。IDの種類やID・PW変更の手順については、「レファレンス協同データベース・システム操作マニュアル(参加館用)」の以下の項目をご覧ください。
1-4. ユーザ権限による機能の利用可否
6-5. ID・PW変更

2.管理用IDが不明な場合

ウェブフォームやメール等で事務局までご連絡ください。
ページのトップへ


Q. 同じIDで同時ログインは可能ですか?
ページのトップへ


Q. システムにログインできません。または、短時間でログアウトしてしまいます。

ブラウザの設定のご確認をお願いいたします。また、ログインできない場合は、ID・PWの以下の文字をお間違えでないかご確認ください。

  • 1(イチ)とl(エル)とI(アイ)
  • 0(ゼロ)とO(オー)
  • Z(ゼット)と2(ニ)とS(エス)
  • 9(ク)とq(キュー)

ご確認いただいても改善されない場合は、事務局にご連絡ください。

ページのトップへ


Q. 登録してはならない事項はありますか?

データ作成・公開に関するガイドライン』の「4.2. 公開してはならないデータとは何か」で規定しているとおり、データベースに登録してはならない事項には、以下のものがあります。詳しくはガイドラインをご参照ください。

  1. 質問者及び個人のプライバシーを侵す事項
  2. 著作権法に反すること
  3. 公序良俗に反すること
ページのトップへ


Q. 過去に蓄積したレファレンス事例がありますが、登録してもよいですか?
はい。ご登録ください。古いレファレンス事例でも、事実が変わっておらず、現在でも利用可能なものがあります。また、内容が変わっていても調査方法や参考資料などが役に立ちます。

ただし、古いレファレンス事例の登録にあたっては、「事例作成日」を明記して登録してください。

ページのトップへ


Q. 遡及登録支援を行っていると聞いたのですが?

まずは事務局までお問合せください。

ページのトップへ


Q. 「管理番号」の採番について、どのようなことに注意すればよいですか?

一つの参加館で、同じカテゴリで同じ管理番号を持つデータを2つ以上登録することはできません。各参加館内で、自館の事例データを一意に特定できるように番号体系を定めてください。他の参加館の管理番号と同じになってもシステム上問題ありません。また、「管理番号」は、15文字以内としてください。

なお、同じIDで中央館・分館等複数の館が登録を行う場合には、どの館のデータか判別できるようにしたり、紙の記録票を併用する場合は、紙の記録票と相互に参照可能な番号体系を用いると良いようです。

  • (例)○○市中央図書館が作成するデータ → 「中央2011-0001」
  • (例)○○市東部図書館が作成するデータ → 「東2011-0001」
ページのトップへ


Q. データを入力する際、使用できない特殊記号等はありますか?

以下の文字は、特定の項目で区切り記号として設定されています(全角、半角とも)。該当する項目では使用しないでください。

  • ; (セミコロン) 「キーワード」、「参考資料」、「寄与者」、「照会先」では使用不可
  • |(縦線) 「参考資料」では使用不可

* アップロードデータ(CSV)にこれらの文字が該当項目に含まれた場合には、区切り文字として認識されます。

ページのトップへ


Q. 送信したデータがデータベースに反映されないのですが

アップロード機能自動取得機能でデータ登録を行った場合、登録処理は夜間に行われます。処理状況はアップロード画面右上の「処理予定・処理結果へ」から確認できます。処理が終わった時点で、参加館プロファイルの「管理者E-Mail」に登録されたアドレスに「処理結果」メールが送られます。登録件数や、エラーとなった場合の理由等をウェブ画面やメールでご確認ください。

翌日になっても「処理結果」メールが届かない、あるいはエラーの理由や解消方法がわからない等、不明点がございましたら、事務局までご連絡ください。

なお、アップロード機能ではなく画面からのデータ登録・更新をした場合は、即時データベースに反映されます。

ページのトップへ


Q. 自館システムとの連携テストを行いたいのですが

研修環境を用いて、アップロードや自動取得を用いた連携テストを行っていただけます。

ページのトップへ


Q. 「システムからのメール」や「参加館通信」を複数のメール宛てに送ることはできますか?

「システムからのメール」や「参加館通信」は、参加館プロファイルの「管理者E-Mail」宛に送付しています。複数の宛先への送付を希望される場合は、「管理者E-Mail」に、複数アドレスをカンマ(,)で区切って入力ください。

例 aaa@ndl.go.jp, bbb@ndl.go.jp

ページのトップへ


前へ
目次へ 


Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.