このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000245079
提供館
(Library)
国立教育政策研究所教育図書館 (4110014)管理番号
(Control number)
NIER2018032
事例作成日
(Creation date)
2018年11月02日登録日時
(Registration date)
2018年11月02日 15時29分更新日時
(Last update)
2018年12月10日 12時36分
質問
(Question)
明治5年「学制」は、諸外国の教育制度を参考にしたと聞くが、ロシアの影響について書かれた資料はないか
回答
(Answer)
尾形裕康『学制実施経緯の研究』
p.98~「学制と西洋教育制度との比較研究一覧表」に学制条文の元となる国・出典があり、
ロシアは一か所のみ。

『学制実施経緯の研究』は国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3042609
回答プロセス
(Answering process)
教育図書館OPAC検索

尾形裕康『学制成立史の研究』
p.396に「「学制」はドイツの教育制度のみを参酌して樹立したものではない。フランスが最も多く、ついでドイツ・オランダ・イギリス・アメリカ・ロシアその他西洋各国である」
→この部分の注釈として回答の文献があった
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育史.事情  (372)
参考資料
(Reference materials)
学制成立史の研究
 尾形裕康著. -- 校倉書房, 1973.
【当館請求記号】372.1||101
学制実施経緯の研究
 尾形裕康 著 校倉書房, 1963
【当館所蔵なし】NDLデジタルコレクション: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3042609
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000245079解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!