このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2012-0124
事例作成日
(Creation date)
2013/4/1登録日時
(Registration date)
2013年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年06月07日 00時30分
質問
(Question)
かつて田上山に落ちた隕石の概要を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀の自然』によりますと、「滋賀県大津市田上山の水晶・黄玉石の産地の谷間において、偶然農夫が発見したものといわれるもので、我が国においては初めての隕鉄に属し、重量173kgもあるといわれている(明治32年高工学博士はじめてこれを地質学雑誌第6巻446~448において世に紹介された。つづいて翌33年大築理学士によってこれが同誌第7巻P85~93に詳論された)。目下東京上野科学博物館に陳列されている。」とあります。また、『近江栗太郡志 巻3』によりますと、発見者は現在の大津市関津の「上野瀧藏」で、発見年は明治24年もしくは25年とあります。なお、東京上野科学博物館は現在国立科学博物館になっています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
彗星.流星  (447 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀の自然 結城実誠∥編 日下部一夫∥編 滋賀県科学教育協会 1960年 S-4000- 60 p.146

2 近江栗太郡志 巻3 栗太郡役所∥編 栗太郡役所 1926年 S-2120-3 p.516
キーワード
(Keywords)
田上隕石
田上山
隕鉄
上野瀧藏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000129847解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!