このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000175208
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2015-0005
事例作成日
(Creation date)
2015/05/01登録日時
(Registration date)
2015年05月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年05月30日 00時30分
質問
(Question)
「三上山のみ夏知れる姿哉」という俳句は誰が詠んだものか知りたい。
回答
(Answer)
『近世俳句大索引』によりますと、作者は「士朗」、出典は「幣ぶくろ」とあります。
『俳文学大辞典』にて幣ぶくろの項を確認したところ、「安永3年4月、都貢とともに、上洛中の暁台を訪ねて、上方見物に赴いた折の道中記。」とあります。士朗の項には、「寛保2(1742)~文化9(1812)・5・16、71歳。本名、井上正春。通称、専庵。のち松翁。初号、支朗。別号、枇杷園・朱樹叟。」とあります。
当館所蔵の『日本俳書大系 9』に収録されている「幣ふくろ」を確認したところ、同句が記載されていました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 近世俳句大索引 安藤英方∥編 明治書院 1959年 R-9113-ア

2 日本俳書大系 9 中興俳諧名家集 蕪村時代2 日本俳書大系刊行会 1927年 2-P308-9 p.518

3 俳文学大辞典 尾形仂∥[ほか]編 角川書店 1995年 R-9113-オ p.428,655

1 三上山誌 鵜飼定吉∥著 鵜飼正寿 1981年 S-2926- 81
キーワード
(Keywords)
俳句
士朗
三上山
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000175208解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!