このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2019-調マ56
調べ方作成日
(Creation date)
2005年2月1日登録日時
(Registration date)
2020年02月27日 13時00分更新日時
(Last update)
2020年03月04日 10時09分
調査テーマ
(Title of the search guide)
キャッチャー・イン・ザ・ライをライ麦畑でつかまえて?
調べ方
(Contents of the search guide)
滋賀県立図書館の刊行物「ナマズの知恵袋」第3号のテーマは「翻訳書の探し方」。調べ物に役立つ情報を紹介します。
 
 ≪トピックス≫ ビリー・ワイルダー演出、マレーネ・ディートリッヒ主演の映画『情婦』の原作The Witnessfor Prosecutionという小説を探しているのですが、その翻訳本は図書館にありますか?

 J・D・サリンジャーのThe Catcher in the Ryeが村上春樹訳で『キャッチャー・イン・ザ・ライ』として出版され世間で評判を呼びましたが、これは従来わが国では『ライ麦畑でつかまえて』のタイトルでよく知られていた作品です。そこで、翻訳書を探すときに役立つ、参考書をご案内しましょう。

①『翻訳図書目録』日外アソシエーツ [L-0273-1~8]
 ※英米文学に限らず、戦後、日本で翻訳された外国の書籍は膨大な数にのぼりますが、そのすべてを網羅した本がこれです。1945年から2016年まで数年単位に区切られ、ヨーロッパやアジア、アフリカなど、文学を含むさまざまなジャンルの翻訳書が分類毎にリストアップ。総索引の巻をひもとけば、原典、原著者の原綴からも引けます。
 ちなみに質問の答えはアガサ・クリスティ著『検察側の証人』

②『英米小説原題邦題事典』 日外アソシエーツ [R-9303-ニ]
 ※この事典では、戦後の日本で、英米の小説・戯曲がどんな題名で翻訳されてきたのか、わかります。作家名50音順に排列され、映画化された作品は映画タイトルも併記

③『明治・大正・昭和翻訳文学目録』 国立国会図書館編 風間書房 1984年 [L-0273-ニ]
では戦前はというと、ジャンルを文学に限れば、この本がとっても便利。著者名50音排列、原綴つき。降り積む雪のような日本の翻訳文化の層の厚みを実感できますよ

 ⇒ほかにも役立つ情報が満載! 詳しくは、関連ファイル欄のPDFをご覧ください。
 また、滋賀県立図書館の「ナマズの知恵袋」バックナンバーは、コチラ↓
   http://www.shiga-pref-library.jp/publication/namazu/
ナマズの知恵袋 第3号

NDC
特種目録  (027)
参考図書[レファレンスブック]  (903)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
翻訳書目
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000026569完成/未完成
(Complete / Incomplete)
完成
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!