このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000245108
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2018-0017
事例作成日
(Creation date)
2018/11/01登録日時
(Registration date)
2018年11月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年11月03日 17時45分
質問
(Question)
なぜ神を一柱、二柱と「柱」という単位で数えるのか知りたい。
回答
(Answer)
『日本の助数詞に親しむ』中の、「神様の数え方 柱(はしら)」の項目に、「「柱」という字は「木」と「主」からできています。「主」は「そこにじっと立っている、支える」という意味です。
古く『古事記』や『万葉集』の時代から、日本では樹木に神様が宿ると考えていました。さらに、人間は土の中から植物のように生まれ育ったと考えられていて、「人間一人」の別称に「ひとつぎ木」という表現を用いて歌を詠んだりしていました。そこから、樹木が敬意を払う対象となり、ご神体、神像などを「柱」で数えることにつながりました。」と記載されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
度量衡.計量法  (609 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 日本の助数詞に親しむ 飯田朝子∥著 東邦出版 2016.11 G-8152-イ p.25
2 絵で見る「もの」の数え方 町田健∥監修 主婦の友社 2005年 G-0315-マ p.51
3 日本国語大辞典 第10巻(な-はわん) 日本国語大辞典第二版編集委員会∥編 小学館国語辞典編集部∥編 小学館 2001年 R-8131-10 p.1112
4 広辞苑 新村出∥編 岩波書店 2018.1 R-8131-シ p.2342
5 数え方の辞典 飯田朝子∥著 町田健∥監修 小学館 2004年 R-0315-イ p.377
1 日本語助数詞の歴史的研究 三保忠夫∥著 風間書房 2000年 3-8152-ミ
2 日本の助数詞に親しむ 飯田朝子∥著 東邦出版 2016.11 G-8152-イ
3 数え方の日本史 三保忠夫∥著 吉川弘文館 2006年 G-8152-ミ
4 神の文化史事典 松村一男∥編 平藤喜久子∥編 白水社 2013.2 R-1640-マ
キーワード
(Keywords)
単位
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000245108解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!