このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000185007
提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2017-03
事例作成日
(Creation date)
2017年6月1日登録日時
(Registration date)
2015年12月03日 11時54分更新日時
(Last update)
2018年01月19日 14時39分
質問
(Question)
徳川家康の江戸開府より前、太田道灌の築いた江戸城は、着工から完成までどれくらいの期間かかったか。
回答
(Answer)
康正2(1456)年に着手、翌年、長禄元(1457)年に一応の完成をみたとされます。
回答プロセス
(Answering process)
【資料1】『江戸城 将軍家の生活』によると「康正二(1456)年に着手し、翌長禄元年4月8日に一応の完成をみたといわれる。」
【資料2】『江戸城 その歴史と構造』によると「城は築城開始の翌年、長禄元年(1457)4月8日に完成した。」
【資料4】「太田道灌と江戸城」によると『赤木神社年代記録』は3月1日、『鎌倉大日記』(備考※1)では4月18日としている。
【資料6】『江戸城 築城と造営の全貌』によると「宮内庁書陵部所蔵『鎌倉大日記』によると、江戸城は康正2(1456)年に着手され、翌長録元(1457)年4月8日に完工する。」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本の建築  (521 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『江戸城 将軍家の生活』(中公新書 45)村井益男著 中央公論社 1988年 5218/54/88 p.17
【資料2】『江戸城 その歴史と構造』小松和博著 名著出版 1985年 5218/88/85 p.5
【資料3】『江戸城 その全容と歴史』西ヶ谷恭弘著 東京堂出版 2009年 5218/206/0009 p.7
【資料4】「太田道灌と江戸城」齋藤愼一(『東京都江戸東京博物館研究報告』第15号 東京都江戸東京博物館都市歴史研究室編 東京都江戸東京博物館 2009年 M3624/TO-3/151-15 p.49-58)
【資料5】『江戸城展』東京都江戸東京博物館編 東京都江戸東京博物館,読売新聞東京本社 2007年 M3624/TO-3/292-S00
【資料6】『江戸城 築城と造営の全貌』野中和夫/著 同成社 2015年 5218/199/0015 p.10
キーワード
(Keywords)
江戸城
太田道灌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
※1『鎌倉大日記』(国立国会図書館デジタルコレクション)  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1144815/18  (2016/2/12確認)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000185007解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!