このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000109145
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-2060
事例作成日
(Creation date)
2012/06/02登録日時
(Registration date)
2012年07月20日 02時03分更新日時
(Last update)
2012年07月20日 02時03分
質問
(Question)
滋賀県にある五僧越の読み方とその概要を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、読み方は「ごそうごえ」で、概要は「犬上郡多賀町の久徳から杉峠をこえ、カルスト山地にある杉、保月など旧脇ヶ畑村の集落をとおり、近江・美濃の国境に近い五僧の峠を下って美濃、養老郡上石津町時山にいたる江勢連絡路の一つ。中世来、近江商人の通商に利用されたが、有名になったのは関ヶ原の戦いのときである。すなわち、この戦いでやぶれた西軍の島津義弘軍が敵中を突破して美濃の多良・土岐にいたり、ここから五僧越で近江にはいり、鈴鹿山麓をとおって堺ににげ、船で鹿児島にかえった。そのため、この峠を島津越ともいう。現在、五僧のすぐ下まで車行が可能であるが、峠は往時のままである。しかし、五僧、保月、杉とも過疎化がすすみ、廃村となったものもあり、通行量は少ない。毎年1回、鹿児島県隼人町の人びとが祖先の苦労をしのんで、この道を通行する。その縁で、多賀町と隼人町とは兄弟都市となっている。(小林 博)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.291-292

2 近江の峠 伏木貞三∥著 白川書院 1972年 S-2990- 72 p.223-230

3 近江の峠 草川啓三∥文・写真 青山舎 2003年 S-2990- 03 p.11-13

4 近江の峠道 木村至宏∥編著 サンライズ出版 2007年 S-2990- 07 p.97-100

5 関西山越の古道 下 中庄谷直∥著 ナカニシヤ出版 1996年 S-6800- 96 p.76-82
キーワード
(Keywords)
五僧越
地名
島津越
島津義弘
関ケ原の戦
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000109145解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!