このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000098220
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-0814
事例作成日
(Creation date)
2012/11/30登録日時
(Registration date)
2011年12月16日 02時03分更新日時
(Last update)
2013年03月11日 00時30分
質問
(Question)
近江にあった大津(おおつ)城の所在地などのほか、その歴史を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、所在地など城の歴史は「大津城は大津市浜大津の湖岸、琵琶湖汽船浜大津港付近を中心に立地していた。豊臣秀吉が坂本城にかわって大津に城をきずいたのは、1586年(天正14)ころと推定されている。城をうつした理由として、近江をめぐる秀吉の支配が安定したこと、山門の監視から保護への政策変更、ならびに大津の地が北国の物資輸送の集散地であり、大坂とむすぶ枢要の地であったことがあげられる。初代城主は浅野長吉、つづいて五奉行の一人増田長盛、秀吉の御伽衆(おとぎしゅう)の一人新庄直頼(なおより)、そして1595年(文禄4)に近江佐々木家の血脈をひく京極高次が城主となった。高次城主のときに関ヶ原合戦がおこり、その勝敗を左右したともいえる「大津籠城」があった。天下をにぎった徳川家康は、この大津城で終戦処理したことはよく知られている。その後家康は大津城を廃城し、1601年(慶長6)に膳所城をきずいた。大津城の縄張りをしめす資料はなく不明で、わずかに1939年(昭和14)の田中宗太郎の「大津城考証図」があるだけである。また、80年(昭和55)に大津市教育委員会による発掘調査では、堀の石垣、建物の礎石などの大津城の遺構の一部や陶磁器や石製品などが検出されている。なお湖水に突出した本丸跡には、江戸時代大津代官所や御蔵がおかれた。(木村至宏)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本の建築  (521 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.111

2 大津の城 大津市史編さん室∥編 大津市 1985年 S-5211- 85

3 定本日本城郭事典 西ケ谷恭弘∥編 秋田書店 2000年 R-5218-ニ

4 近江城郭探訪 滋賀県教育委員会∥編 滋賀県文化財保護協会 2006年 S-2900- 06

5 近江の山城ベスト50を歩く 中井均∥編 サンライズ出版 2006年 S-2900- 06

6 滋賀県中世城郭分布調査報告 9 旧滋賀郡の城 滋賀県教育委員会∥編集 滋賀県教育委員会 1992年 5B-5200-9

7 日本城郭辞典 鳥羽正雄∥著 東京堂出版 1995年 R-5218-ト

8 日本城郭大系 11 新人物往来社 1980年 S-5200- 80 p.290-291

9 近江輿地志略 全 寒川辰清∥著 宇野健一∥改訂校註 弘文堂書店 1976年 S-2900-734

10 新修大津市史 第3巻 近世前期 林屋辰三郎∥[ほか]編 大津市役所 1980年 S-2111-3

11 戦国の大津 大津市歴史博物館∥編集 大津市歴史博物館 2007年 S-2411- 07
キーワード
(Keywords)
大津城
城跡
浅野長吉
京極高次
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000098220解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!