このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000092576
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2010-0106
事例作成日
(Creation date)
2011/02/25登録日時
(Registration date)
2011年10月18日 02時02分更新日時
(Last update)
2011年10月18日 02時02分
質問
(Question)
湖南市の下田焼の歴史について知りたい。
回答
(Answer)
下田焼は、村人の喜多安兵衛が宝暦年間(1751~1764)に、鏡山(現、竜王町)で発見した質の高い白い土を灯明具や油差しなどの日用品を製造したのが始まりだといわれています。最盛期の幕末から明治前期には共用登窯が3基あり、窯元が10数戸あったといわれています。その後近隣の信楽で生産される安価な製品に押されて衰微し、やがて窯元は1軒となりました。1989年(平成元)に最後に残った陶工山中保蔵さんが死亡すると廃絶することになりました。しかし、現在山中さんの弟子の小迫一さんが再興して、作陶を続けています。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陶磁工芸  (751 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 近江やきものがたり 滋賀県立陶芸の森∥編集 京都新聞出版センター 2007年 S-7500- 07

2 近江のやきもの 滋賀県立琵琶湖文化館∥編集 サンブライト 1981年 S-7500- 81

3 やきものめぐり 西日本 金子賢治∥監修 JTB 2004年 S-7500- 04

4 甲賀郡志 下巻 甲賀郡教育會∥編 甲賀郡教育會 1926年 5-2130-2
キーワード
(Keywords)
下田焼
焼物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000092576解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!