このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032308
提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2006-12
事例作成日
(Creation date)
2006年12月01日登録日時
(Registration date)
2006年12月14日 11時42分更新日時
(Last update)
2018年04月22日 14時49分
質問
(Question)
皇居にある二重橋は元々違う名前で呼ばれていた?
回答
(Answer)
 【資料1】『千代田区史跡散歩』によれば「西丸大手下乗橋」といい「俗にめがね橋とも言った」ということです。
回答プロセス
(Answering process)
 いわゆる「二重橋」は俗称であり、正式名称は手前の石橋が「正門石橋」、奥の鉄橋が「正門鉄橋」です。「二重橋」という名称については、石橋が二重アーチの橋桁を持つことからと言う説、石橋と鉄橋が外から見ると二重に見えるところから、両橋をあわせて二重橋と称されたという説が有名です。しかし実際は、現在鉄橋(昭和39(1964)年に架替)になっている奥の橋が昔は二重だったことに由来します。建設上の理由(水面から西の丸までの高さは20メートルもあり、橋脚を立てるのは不可能であったため、まず中段に橋桁をわたし、それを土台にして橋脚を立てた)から二重構造であったことから、二重橋と呼ばれるようになったのです。(【資料2】『江戸城の秘密 歩いてわかる!』、【資料3】『皇城』)。掛け替えられる前の橋の姿は【資料4】『写真でみる幕末・明治』で見ることができます。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
橋梁工学  (515 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『千代田区史跡散歩』(岡部喜丸著 学生社 2002年 請求記号:2913 / 659 / 1 p.71)
【資料2】『江戸城の秘密 歩いてわかる!』(原史彦/監修 洋泉社 2015年 請求記号:5218 / 251 / 0015 p.88)
【資料3】『皇城』(中島卯三郎編著 雄山閣 1959年 請求記号:2884 / 3 / 59)
【資料4】『写真でみる幕末・明治』(小沢健志監修 世界文化社 1990年 請求記号:2105 / 10 / 90 p.37)
【資料5】『江戸城』(西和夫著 中央公論美術出版 1982年 請求記号:5218 / 57 / 82 )
【資料6】『 東京公園文庫 9 皇居外苑』(前島康彦著 東京都公園協会監修 郷学舎 1981年 請求記号:6290 / 1 / 9)
【資料7】『歩く知る江戸城と大名屋敷 歴史REALブックス』歴史REAL編集部/編 洋泉社 2016年 請求記号:5218 / 256 / 0016 p.32~33
キーワード
(Keywords)
二重橋
皇居
江戸城
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
(関連サイト)
宮内庁  http://www.kunaicho.go.jp/  (2010/10/24確認)
日比谷図書文化館  https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/  (2018/4/22確認)
環境省  https://www.env.go.jp/garden/kokyogaien/1_intro/his_04.html  (2016/10/16確認)

「東京名称のうち二重橋之図」尾形月耕画(江戸東京博物館収蔵検索)  http://digitalmuseum.rekibun.or.jp/edohaku/app/collection/detail?id=0187102291&w=%93%F1%8F%64%8B%B4
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000032308解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!