このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立東部図書館 (2110047)管理番号
(Control number)
千県東-2020-0019
事例作成日
(Creation date)
2020年12月01日登録日時
(Registration date)
2021年03月08日 15時14分更新日時
(Last update)
2021年03月08日 17時03分
質問
(Question)
水戸黄門の「黄門」とは何か。
回答
(Answer)
【資料1】『講談社日本人名大辞典』(上田正昭[ほか]監修 講談社 2001)p1295
「徳川光圀」の項に“中納言の唐名「黄門」により水戸黄門の名で知られる”
【資料2】『日本架空伝承人名辞典』(大隅和雄編集委員 平凡社 2012)p533
「水戸黄門」の項に“後世水戸黄門といえば光圀を指すのは、中納言の唐名黄門の代表的存在とされたからである”
【資料3】『国史大辞典 5 け-こほ』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1985)p530
「黄門」の項。“唐の門下省の次官黄門侍郎で、中納言に相当する。黄門とは黄色に塗った応急の小門をいい、その黄門の中に給仕する官を黄門侍郎と称した”。
【資料4】『徳川光圀 「黄門さま」で名高い水戸藩主』(鈴木暎一著 山川出版社 2010)p68
“権中納言に任ぜられた光圀は、以後、黄門あるいは水戸黄門と称されるようになる。黄門とは唐の時代、門下省次官、黄門侍郎のことで、わが国の官職にこれをあてはめると中納言に相当する”。
回答プロセス
(Answering process)
人名辞典を確認する。
【資料1】『講談社日本人名大辞典』(上田正昭[ほか]監修 講談社 2001)p1295
「徳川光圀」の項に記載があった。
【資料2】『日本架空伝承人名辞典』(大隅和雄編集委員 平凡社 2012)p533
「水戸黄門」の項に記載があった。

役職を示すことが分かったので、日本史関係の事典を確認する。
【資料3】『国史大辞典 5 け-こほ』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1985)p530
「黄門」の項に記載があった。

また水戸光圀関連の一般書をブラウジングした。
【資料4】『徳川光圀 「黄門さま」で名高い水戸藩主』(鈴木暎一著 山川出版社 2010)p68に記載があった。

「レファレンス協同データベース」を「水戸黄門」で検索すると、「水戸黄門は7人いたのか。」(茨城県立歴史館)という事例がヒットし、“「中納言」の唐名を「黄門」といい”とある。

<調査済み資料>
『新潮日本人名辞典』(新潮社辞典編集部編集 新潮社 1991)
『日本近世人名辞典』(竹内誠編 吉川弘文館 2005)
『日本歴史大事典』(小学館 2000-2001)
『日本史大事典』(平凡社 1992-1994)
『新編日本史辞典』(京大日本史辞典編纂会編 東京創元社 1990)
『日本史事典』(藤野保編集代表 朝倉書店 2001)

(インターネット最終アクセス:2020年12月1日)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
法制史  (322 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『講談社日本人名大辞典』(上田正昭[ほか]監修 講談社 2001)(2101418189)
【資料2】『日本架空伝承人名辞典』(大隅和雄編集委員 平凡社 2012)(2102499280)
【資料3】『国史大辞典 5 け-こほ』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1985)(2100522549)
【資料4】『徳川光圀 「黄門さま」で名高い水戸藩主』(鈴木暎一著 山川出版社 2010)(2102382133)
キーワード
(Keywords)
水戸黄門(ミトコウモン)
水戸 光圀(ミト ミツクニ)
徳川 光圀(トクガワ ミツクニ)
黄門(コウモン)
官職(カンショク)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000294837解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!