このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福岡市総合図書館 (2210003)管理番号
(Control number)
2019.12-9
事例作成日
(Creation date)
2019年12月26日登録日時
(Registration date)
2019年12月26日 11時30分更新日時
(Last update)
2020年01月08日 14時17分
質問
(Question)
松本清張の短編小説『雪舟』の文中p115に出てくる言葉”公じゅん(准の部首脚部に心と表記する漢字)フリガナ:こうじゅん”の意味が知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵の国語辞典および漢和辞典では”公じゅん(准の部首脚部に心と表記する漢字)フリガナ:こうじゅん”の意味の確認は取れませんでした。
ただ、文脈や『大漢和辞典 巻2』『大漢和辞典 巻7』類語からの推察として、”公の許可(書)”ではなかろうかと考えられます。
また、文中の”遣明船””大内家””正使天与清啓”から調査し、山口県立美術館様HP”雪舟への旅を歩く”( https://www.yma-web.jp/exhibition/special/archive/sesshu/tour/asia02.html 2019.12.26確認)をみると、「中国本土ではじめて落ち着く場所は寧波という都市。ここで遣明使一行は、北京への上京の許可を得るための手続きを待つ。」と記載があり、そこからも”公の許可(書)”が推察されます。
推察の根拠として、小説『雪舟』の文で「寧波には上陸したが、北京からの”公じゅん”がまだ到着していなかった。聞けば、ニ、三ヵ月はかかるということである。」の文から許可書か人名と推察。ただし、その後の文脈にも登場人物にもないので人名ではないと考えられる。
次に『大漢和辞典 巻2』類語 「准」に”ゆるす。準に同じ。准は準の俗字であるが、今、官庁の文書には多く准を用いる。”と記載あり、「準」の⑧にゆるす。許可する。俗に准に作る。”と記載あり、”許可”を意味すると推察しました。
参考までに、所蔵資料『雪舟の旅路』『中國・朝鮮の史籍における日本史料集成 明實録之部1』を調査しましたが、”公じゅん”の記載はありませんでした。
後日、松本清張記念館様へ独自資料等調査を電話にてお尋ねしましたが、当日回答では、所蔵資料で確認取れず、同館所蔵の松本清張氏利用の『大漢和辞典』にも記載なしということで、上記と同推察との事でした。
回答プロセス
(Answering process)
『小説日本芸譚 』 (新潮文庫)を持参され、p97-124短編小説『雪舟』の文中p115に出てくる言葉”公じゅん(准の部首脚部に心と表記する漢字)”フリガナ:こうじゅんの意味が知りたい。自宅の漢和辞典では該当の言葉と漢字が見つけられなかった。とのこと。

まず、当館所蔵の辞典で調査する。言葉として『日本大百科全書 8』、『広辞苑 [1] あ-そ』を調査するが、ともに記載なし。
漢字として『大漢和辞典 巻2』を調査するが、記載なし。ただ、『大漢和辞典 巻2』p150『大漢和辞典 巻7』p150の類語 「准」に”ゆるす。準に同じ。准は準の俗字であるが、今、官庁の文書には多く准を用いる。”と記載あり、「準」の⑧にゆるす。許可する。俗に准に作る。”と記載あり。
次に文脈として、小説『雪舟』の文で「寧波には上陸したが、北京からの”公じゅん”がまだ到着していなかった。聞けば、ニ、三ヵ月はかかるということである。」の文から許可書か人名と推察。ただし、その後の文脈にも登場人物にもないので人名ではないと考えた。
上記、文脈と『大漢和辞典 巻2』類語からの推察として、”公の許可(書)”ではなかろうかと推察した。
また、文中の”遣明船””大内家””正使天与清啓”から調査し、山口県立美術館HP”雪舟への旅”を歩く( https://www.yma-web.jp/exhibition/special/archive/sesshu/tour/asia02.html 2019.12.26確認)をみると、「中国本土ではじめて落ち着く場所は寧波という都市。ここで遣明使一行は、北京への上京の許可を得るための手続きを待つ。」と記載があり、そこからも、”公の許可(書)”が推察された。
参考までに、所蔵資料『雪舟の旅路』『中國・朝鮮の史籍における日本史料集成 明實録之部1』を調査したが、”公じゅん”の記載は見つけられなかった。後日、松本清張記念館様へ独自資料等調査を電話にてお尋ねしましたが、当日回答では、所蔵資料で確認取れず、同館所蔵の松本清張氏利用の『大漢和辞典』にも記載なしということで、上記と同推察との事でした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913)
辞典  (813)
作品集  (918)
参考資料
(Reference materials)
松本清張 著 , 松本, 清張, 1909-1992. 小説日本芸譚 35刷改版. 新潮社, 2008. (新潮文庫)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009899371-00 , ISBN 9784101109015
松本清張著 , 松本, 清張 , 池島, 信平. 小説日本芸譚 ; 火の繩 ; 私説・日本合戦譚. 文藝春秋, 1973. (松本清張全集 / 松本清張著, 26)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I002782833-00 , ISBN 4165092606
諸橋轍次 著 , 諸橋, 轍次, 1883-1982 , 鎌田, 正, 1911-2008 , 米山, 寅太郎, 1914-2007. 大漢和辞典 巻2 修訂版 鎌田正,米山寅太郎修訂. 大修館書店, 1984.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001708065-00 , ISBN 4469030724
日本史料集成編纂会 編 , 日本史料集成編纂会. 中国・朝鮮の史籍における日本史料集成 明実録之部 1. 図書刊行会, 1975.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001224572-00  (p245-p246)
岡田喜秋 著 , 岡田, 喜秋, 1926-. 雪舟の旅路. 秀作社出版, 2002.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003634101-00 , ISBN 4882653079
諸橋轍次 著 , 諸橋, 轍次, 1883-1982 , 鎌田, 正, 1911-2008 , 米山, 寅太郎, 1914-2007. 大漢和辞典 巻7 修訂第2版 鎌田正,米山寅太郎修訂. 大修館書店, 1989.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002047701-00 , ISBN 4469031453
キーワード
(Keywords)
こうじゅん
松本清張
雪舟
漢字
遣明船
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
松本清張記念館様にご協力頂きました。 http://www.kid.ne.jp/seicho/html/index.html  (2019.12.26確認)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000271629解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!