このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000255525
提供館
(Library)
小野市立図書館 (2300029)管理番号
(Control number)
小野31-020
事例作成日
(Creation date)
2019年05月01日登録日時
(Registration date)
2019年05月01日 11時12分更新日時
(Last update)
2019年05月19日 12時56分
質問
(Question)
消防団員は全国で何人いるのか。また、女性団員は増加傾向にあると聞いたが本当か。
回答
(Answer)
①『平成30年版 消防白書』 https://www.fdma.go.jp/publication/hakusho/h30/
「特集5 消防団を中核とした地域防災力の充実強化」より843,667人(H30.4.1 現在)
「特集5-3図 女性消防団員数の推移」より女性団員は平成2年から毎年増加している。

②総務省消防庁ホームページ
消防団に関する数値データ  https://www.fdma.go.jp/relocation/syobodan/data/scale/index.html
「図表2 消防機関数と消防職団員数の推移」より843,667人(H30.4.1 現在)
「図表7 消防団員数と女性消防団員数の推移」

③公益財団法人日本消防協会ホームページ
消防団の統計データ  http://www.nissho.or.jp/contents/static/syouboudan/toukei-data.html
「2 消防団員数の動向」より846,603人(H30.10.1 現在)
「3 女性消防団員」

全体数は減少しているが、女性団員数は年々増加している。

※消防団員数の図の基になっている「消防防災・震災対策現況調査」について総務省消防庁「地方防災行政の現況」に詳細有。
 平成23年から24年のデータについて、東日本大震災の関係から集計方法の(注)が本編に記載されている。
  https://www.fdma.go.jp/publication/bousai/


(いずれも最終確認:2019/05/19)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
行政  (317)
統計  (350)
参考資料
(Reference materials)
消防庁/編. 消防白書 2018. 日経印刷, 2019-02.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I088460685-00 , ISBN 9784865791556
キーワード
(Keywords)
消防団
消防
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000255525解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!