このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000024272
事例作成日
(Creation date)
2018年03月27日登録日時
(Registration date)
2019年04月16日 15時01分更新日時
(Last update)
2019年04月16日 19時04分
質問
(Question)
画家・大塚蒼湖のプロフィールを知りたい。
回答
(Answer)
大塚蒼湖は明治後期に甲府に在住していた四条派系の南画家。(『甲府市史』別編Ⅱ p.438)
※四条派:松村月渓(呉春)を始祖とする一派で、明治後半にこの派より竹内栖鳳をはじめとする有力作家が出て、近代京都派の礎となった。(『日本美術用語辞典』p.269)

1905(明治38)年頃に設立された「山梨絵画協会」の会報 第二号によると、同会の第一回展(明治38年4月16日~23日)において審査委員を務めており、同時に出品画目録の「日本画新作品ノ部」にも名前がある。画題「龍等観音」「猩々」「虫ノ音」の三作品を出品している。また、同協会への寄附名簿にも名前が見え、「紙本聯落 十葉」を寄付している。(「山梨絵画協会々報」第二号:山梨県立博物館所蔵 甲州文庫 当館にマイクロフィルムあり)。(『甲府市史』別編Ⅱ p.452,『山梨県政百年史』p.956に解説あり)

その他の作品に『甲山峡水』がある。1906(明治39)年に「一府九県連合共進会」が甲府で開催された際、景勝地紹介の一環として山梨県が発行した彩色木版画集で、大塚蒼湖と鈴木尚重が絵を担当している。(『山梨県史 通史編5』p.332,『甲斐路ふるさとの名所』pp.168-169)(『甲山峡水』は当館所蔵あり。やまなしデジタルアーカイブ公開資料)なお、『甲斐路ふるさとの名所』によれば「この画集は、当時の山梨県知事武田千代三郎が東京から画家大塚蒼湖・鈴木尚重を招いて、甲府城跡をはじめ、県内の名勝十八カ所を描いてもらい、」とあり、この時点で大塚蒼湖が東京に住んでいた可能性が高いと思われる。
また、『新案御嶽案内』(香川香南/文 1906 山梨図書出版協会)という昇仙峡の観光案内パンフレットの絵も大塚蒼湖が描いている。(山梨県立博物館所蔵 甲州文庫 当館にマイクロフィルムあり)
回答プロセス
(Answering process)
1.自館システムで「大塚蒼湖」を検索。
→甲州文庫「甲山峡水」「新案 御嶽案内」がヒット(未公開データ)。県立博物館所蔵。

2.『角川日本姓氏歴史人物大辞典』を調査
→p.199「大塚」の項に大塚蒼湖の名前あり。南画家で「甲山峡水」を描いたという記載あり。

3.一般参考図書で人物事典類、美術事典類を調査。 
→大塚蒼湖の記述なし。

4.地域資料で『山梨百科事典』『山梨姓氏録』『山梨人事興信録』『甲斐名鑑』『甲州古今人物辞書』などを確認。
 →大塚蒼湖の記述なし。

5.マイクロフィルムで『峡中家歴鑑』『続峡中家歴鑑』を確認。
 →大塚蒼湖の記述なし。

6. 1.でヒットした県立博物館所蔵甲州文庫を調査。
 →「甲山峡水」は当館にも図書で所蔵あり。デジタル化、インターネット公開資料。
 →「新案 御嶽案内」は当館ではマイクロフィルムで所蔵あり。
 →上記2点を確認するも、プロフィールについては記載なし。

7.『山梨県史 通史編5 近現代1』を確認。
 →索引「大塚蒼湖」なし。「甲山峡水」あり。
 →p.332に明治39年甲府で開催された「一府九県連合共進会」の際に景勝地紹介の一環として大塚蒼湖・鈴木尚重の彩色木版画集『甲山峡水』が刊行された旨の記載と、口絵に『甲山峡水』の写真がある。

8.7.の県史に、「一府九県連合共進会」の開催にあたり、県と甲府市との間で財源をめぐって議論があった様子が書かれていたため、『甲府市史』を確認。
→『甲府市史 別編Ⅳ』の索引には「大塚蒼湖」「甲山峡水」なし。
→「一府九県連合共進会」あり。『甲府市史 通史編 第三巻』を確認するも、大塚蒼湖についての記述なし。
→「第3章 絵画-第2節 近代絵画-2 日本画」に明治後期に活躍した画家として「当時甲府に在住していた、南画の山岡米華、近藤東来、四条派系の大塚蒼湖らも独自の画風を展開していた」とある。(p.438)

9.『山梨県政百年史』を確認。
 →「第八章 文化の諸相」のページに山梨絵画協会についての項があり、明治38年の第一回の展覧会の会員の出品者に大塚蒼湖らがいたとの記述あり。

10.9.にあった「山梨絵画協会」について、再度『山梨県史』『甲府市史』を確認。
 →『山梨県史 通史編5』p.468-469に明治後半の山梨県の美術の動向や、「山梨絵画協会」についての記述があったが、大塚蒼湖の名前はなし。
 →『甲府市史 別編Ⅱ』p.451-452に「山梨絵画協会」の設立と第一回展についての解説があり、審査委員に大塚蒼湖の名前が見える。出典が山梨絵画協会の会報第二号とあった。

11.自館システムにて10.の「山梨絵画協会」を検索。所蔵はないが、非公開データで山梨県立博物館所蔵の甲州文庫「山梨絵画協会々報 第二号」がヒット。マイクロフィルムで所蔵があったので、内容を確認。
 →p.3「出品ノ審査」に審査員として大塚蒼湖の名あり。
  p.5「出品画目録」に大塚蒼湖の名があり、画題「龍等観音」「猩々」「虫ノ音」の三作品を出品している。
p.6「金品ノ寄附」内にも名前が見え、「紙本聯落 十葉」を寄付している。

12.南画に関する本を確認。
→大塚蒼湖の名前なし。

13.同時期の南画家・野口小蘋についての本の中に大塚蒼湖について書かれたものがあるのではないかと考え、山梨県立美術館発行の図録等を確認。
→大塚蒼湖の名前なし。

14.インターネットで「大塚蒼湖」を検索。
 →土木学会附属土木図書館のホームページにて、北村眞一「やまなしにおける名所景観の特性」(「土木学会関東支部技術研究発表会講演概要集 32-4」(2005年)p.133-134に収録)
http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00061/2005/32-04-0131.pdf
が全文公開されており、その中で「甲山峡水」と大塚蒼湖についての記載があった。出典が『ふるさとの名所』であることを確認。

15. 自館システムで「ふるさとの名所」を検索。
→『甲斐路ふるさとの名所』がヒット。確認すると、中扉に『甲山峡水』の写真、p.168-169に「中扉の版画『甲山峡水』の説明」があり、「当時の山梨県知事武田千代三郎が東京から画家大塚蒼湖・鈴木尚重を招いて、甲府城跡をはじめ、県内の名勝十八カ所を描いてもらい」とあった。
事前調査事項
(Preliminary research)
秋田県横手市の横手市立後三年合戦資料館に展示してある合戦の絵の屏風に【大正甲寅歳應需寫蒼湖】という落款があり、大塚蒼湖の大正3年作と考えられる。落款の解読は秋田県立博物館の学芸員にしてもらったとのこと。
秋田県立近代美術館、秋田県立博物館にて図書資料、落款事典等は調査済み→大塚蒼湖についての記載なし。
インターネット情報により、山梨県の画家ではないかと思ったとのことで、当館に調査依頼があった。
NDC
日本画  (721 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
竹内理三 [ほか]編纂. 角川日本姓氏歴史人物大辞典 19. 角川書店, 1989.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001991873-00 , ISBN 4040021908 (p.199)
山梨県/編集 , 山梨県. 山梨県史 通史編5. 山梨日日新聞社, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005885312-00 , ISBN 4897108314 (口絵、p.332)
甲府市市史編さん委員会/編 , 甲府市. 甲府市史 別編 2. 甲府市, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005113726-00  (p.438,452)
山梨県 編 , 山梨県. 山梨県政百年史 上巻. 山梨県, 1978.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001381126-00  (p.956)
山梨県/編集 , 山梨県. 甲斐路ふるさとの名所. 山梨日日新聞社, 1984. (ふるさと自慢シリーズ ; 3)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005543079-00  (中扉、pp.168-169)
和英対照日本美術用語辞典編集委員会/編集. 和英対照日本美術用語辞典. 東京美術, 1990.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000124392-00 , ISBN 4808705494 (p.269)
山梨県. 甲山峡水. 山梨県, 1906.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000426677-00  (1冊)
山梨絵画協会. 山梨絵画協会々報 第二号 (p.3,5,13(マイクロフィルム/km385/426、427、431コマ目))
香川香南. 新案 御嶽案内. 山梨図書出版協会, 1906. (1冊,奥付に大塚蒼湖の名前あり。(マイクロフィルム/Km109/560-564コマ目))
キーワード
(Keywords)
大塚蒼湖
南画
南宋画
文人画
四条派
山梨絵画協会
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
やまなしデジタルアーカイブ「甲山峡水」
http://digi.lib.pref.yamanashi.jp/da/detail?tilcod=0000000016-YMNS0140129
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000255046解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!