このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000169848
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15010615070183
事例作成日
(Creation date)
2015/1/6登録日時
(Registration date)
2015年03月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年12月19日 00時31分
質問
(Question)
平成27年1月6日現在で、岡山県内で面積の大きな市町村のベスト3はどこか知りたい。
回答
(Answer)
(1)『岡山県市町村ハンドブック 平成26年度』(資料①)の「主な指標の市町村ランキング」によると、表形式で面積の大きい順に“市町村名”と“面積(単位(km?))”が記されている。この資料によると、岡山県の総面積の上位3位は以下のとおりである。
  1位:真庭市(828.43km?)
  2位:新見市(793.27km?)
  3位:岡山市(789.92km?)
 同資料には、「(注)県計には、児島湖の面積は、含んでいない。」、「資料出所:全国都道府県市区町村別面積調」、「調査時点:平成25年10月1日」とある。
 なお、同資料は、発行所である岡山県市町村振興協会のホームページ(資料②)からも見ることができる。

(2)(1)を元に、資料出所である「全国都道府県市区町村別面積調 平成25年」(資料③)より(1)の内容を確認する。また、同資料は、発行所である国土交通省国土地理院のホームページ(資料④)にも掲載があり、(1)の内容が確認できる。

(3)『岡山県統計年報 平成24年』(資料⑤)にも、平成24年10月1日現在の「市町村別面積」が掲載されている。調査時点は違うが、(1)の内容が確認できる。出典は「国土交通省国土地理院『全国都道府県市区町村別面積調』」とある。
 同資料は、発行所である岡山県総合政策局統計分析課(→平成26年に「統計調査課」から「統計分析課」に名称変更)のホームページ(資料⑥)からも閲覧できる。ただし、平成27年1月6日現在では、まだ平成25年版は発行されていない。

 上記(1)~(3)より、平成27年1月6日現在で確認できる岡山県内の市町村の面積は、国土交通省国土地理院の「全国都道府県市区町村別面積調」が元になっており、平成25年10月1日に調査した数値が一番新しい。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
統計  (350 9版)
参考資料
(Reference materials)
①岡山県市町村振興協会編『岡山県市町村ハンドブック 平成26年度』岡山 岡山県市町村振興協会,2014,159p. 参照はp.151.
②岡山県市町村振興協会「市町村ハンドブック」ホームページ(2015年2月24日確認)
http://www.shinko-okayama.jp/handbook.html
③『全国都道府県市区町村別面積調 平成25年』国土交通省国土地理院,2014,136p. 参照はp.88-89.
④国土交通省国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」ホームページ(2015年2月24日確認)
http://www.gsi.go.jp/KOKUJYOHO/MENCHO-title.htm
⑤岡山県総合政策局統計調査課編『岡山県統計年報 平成24年』岡山 岡山県総合政策局統計調査課,2014,4,277p. 参照はp.1.
⑥岡山県総合政策局統計分析課「岡山県統計年報」ホームページ(2015年2月24日確認)
http://www.pref.okayama.jp/kikaku/toukei/tounen/tounen.htm
キーワード
(Keywords)
統計
面積
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015010615060270183
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000169848解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!