このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000134253
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2013-14
事例作成日
(Creation date)
2013/05/06登録日時
(Registration date)
2013年07月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年07月26日 10時41分
質問
(Question)
電線工事について、例えば電柱の敷設の際、柱の間隔は何メートルと定められているか、道が曲がっている時、補助用の線はどのような角度でつけると良いかなどが書かれている資料は無いか
回答
(Answer)
『配電規程 低圧及び高圧 第6版』(日本電気協会配電専門部会編 日本電気協会 2008)
p.57-165 架空電線路の章に、記述あり。
なお、電柱の柱の敷設の際の間隔については、柱の材質等により詳細な定めがある。
例えばp.57「2-1図 鉄筋コンクリート柱におけるA種柱の範囲」では、設計過重と支持物全長との相関関係によって、必要な間隔が異なる。

『架線工事施工技術解説書 改訂第2版』(送電線建設技術研究会[編] 送電線建設技術研究会 2010)
県内なし、取り寄せにて提供
回答プロセス
(Answering process)
件名「電線」「電柱」などの資料と、その分類の近くの資料を確認し、『配電規程 第6版』を提供、通常の電線については「架空電線路」(地中電線路と対比して)と表現することを確認。件名「電線路」でNDL-OPACを検索し、書名等から関連すると思われる資料を紹介した。
なお、『架線工事施工技術解説書』は後日購入することとした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
送電.変電.配電  (544 9版)
参考資料
(Reference materials)
『配電規程 低圧及び高圧 第6版』(日本電気協会配電専門部会編 日本電気協会 2008)(0106102299) (p.57-165 架空電線路の章)
『架線工事施工技術解説書 改訂第2版』(送電線建設技術研究会[編] 送電線建設技術研究会 2010)(1102335964)
キーワード
(Keywords)
電線工事(デンセンコウジ)
電柱(デンチュウ)
電線路(デンセンロ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000134253解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!