このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129323
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M13030115165688
事例作成日
(Creation date)
2013/01/24登録日時
(Registration date)
2013年03月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
紫雲丸という船が沈んだ日時と死亡者数を知りたい。
回答
(Answer)
資料①には、「昭和三0年五月一一日、午前六時五六分、風のない平穏な瀬戸内海の高松沖で世界海難史上まれにみる大事故が発生した。国鉄宇高連絡線の客貨船「紫雲丸」と同貨物船「第三宇高丸」が衝突し、紫雲丸が沈没するという事故で、それは濃霧のいたずらというにはあまりにも大きな犠牲を伴うものであった。(中略)死亡者は、一般旅客五八名、修学旅行関係者一0八名、紫雲丸船員二名の合計一六八名、(略)」とある。
資料②には、「台座には、『昭和三十年五月十一日午後六時五十六分遭難 紫雲丸遭難者慰霊碑 日本国有鉄道総裁十河信二謹書』の文字。(中略)「今日は百六十八の御霊にとっても格別の日じゃ」そう呟いた川田住職は、やがて経をあげはじめた。」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
航海.航海学  (557 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料① 萩原幹生『宇高連絡船紫雲丸はなぜ沈んだか』成山堂書店,2000,199p.参照はp.1.
資料② 高松洋平『悲劇の紫雲丸』成山堂書店,1990,250p.参照はp.1-2.
キーワード
(Keywords)
紫雲丸
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2013030115124165688
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000129323解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!