このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000103133
提供館
(Library)
神奈川県学校図書館員研究会 (5000008)管理番号
(Control number)
照会-2011-040
事例作成日
(Creation date)
2011年09月07日登録日時
(Registration date)
2012年03月07日 02時00分更新日時
(Last update)
2015年03月06日 10時29分
質問
(Question)
「地球温暖化」「オゾン層破壊」について、2006年以降の出版のもの。保健の授業でのグループの調べ物学習のための資料。
回答
(Answer)
『ココが知りたい地球温暖化』(気象ブックス) 国立環境研究所地球環境研究センター編著 成山堂書店 2009年3月

『地球温暖化 ほぼすべての質問に答えます!』(岩波ブックレット) 明日香壽川著 岩波書店 2009年6月

『変わりゆく地球 衛星写真に見る環境と温暖化』 マイケル・D.キング、クレア・L.パ-キンソン著 丸善 2009年7月

『「2℃の違い」を知る絵本 身近な「温暖化」も、地球の「温暖化」も』 佐伯平二文 青春出版社 2008年6月

『温暖化の世界地図』 カースチン・ダウ、トーマス・ダウニング著 近藤洋輝訳 丸善 2007年5月
(*2012年11月に第2版発行)

『さらに進む地球温暖化』(ウェッジ選書) 住明正著 ウェッジ 2007年6月

『地球温暖化  この真実を知るために』改訂版(ニュ-トンムック*サイエンステキストシリ-ズ) 西岡秀三著 ニュートンプレス 2010年10月

『地球温暖化のしくみ』(図解雑学) 寺門和夫著 ナツメ社 2008年6月

『不都合な真実』 アル・ゴア著 枝広淳子訳 ランダムハウス講談社 2007年1月

『ブループラネットを救おう 温室効果ガス25%削減は可能か』 飯井基彦著 かもがわ出版 2009年12月

『もっとよく知ろう!地球温暖化ってなに?』〈全4巻〉 西岡修三著 新日本出版社 2009年3月

『池上彰の君ならどう考える、地球の危機〈1〉地球温暖化』 アンソニー・リシャック著 吉井知代子訳 文渓堂 2007年3月

『CO2のきほん~排出量はどのように測るのか?』 奥山康子著 誠文堂新光社 2010年7月

『よくわかる気象・環境と生物のしくみ』 国立天文台編 丸善 2010年11月

『地球温暖化の最前線』(岩波ジュニア新書) 小西雅子著 岩波書店  2009年11月

『環境問題のウソ』(ちくまプリマー新書) 池田清彦著 筑摩書房 2006年2月

『地球温暖化は本当か?』(知りたい!サイエンス) 矢沢潔著 技術評論社 2007年1月

『地球温暖化サバイバルハンドブック 気候変動を防ぐための77の方法』 デヴィッド・デ・ロスチャイルド著 枝廣淳子訳 ランダムハウス講談社 2007年9月

『気分のエコでは救えない! データから考える地球温暖化!』(B&Tブックス) 杉山大志、星野優子、石井孝明著 日刊工業新聞社 2011年2月

『二酸化炭素温暖化説の崩壊』(集英社新書) 広瀬隆著 集英社 2010年7月

『北極大変動 加速する氷解/資源ビジネスの野望』 NHK「北極大変動」取材班著 日本放送出版協会  2008年11月

『温暖化と生物多様性』 岩槻邦男、堂本暁子編 築地書館 2008年5月

『温暖化対策の基本と仕組みがよ~くわかる本』(Howーnual Business Guide Book) 打川和男、内藤高志著 秀和システム 2008年9月

『気候変動+2℃』 Think the Earthプロジェクト編 ダイヤモンド社 2006年4月
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
気象学  (451)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
地球温暖化
オゾン層
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000103133解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!