このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡崎市立中央図書館 (2310043)管理番号
(Control number)
岡崎-267
事例作成日
(Creation date)
2009年3月17日登録日時
(Registration date)
2009年03月22日 16時16分更新日時
(Last update)
2016年11月26日 16時19分
質問
(Question)
江戸時代、人名で「良」の字が「郎」の代わりに使われていたか知りたい。
文久年間(1861~1863)の人物で、「○郎」「○良」と書かれている人物が同一人物であるか確認したいため。
回答
(Answer)
【資料1】p247、項目【郎】の解説、三に、「きみ。良に通ず。」とあり。
【資料2】p1798、項目【郎】の解字に、「郎は「邑(まち)+音符良」で、もとは春秋時代の地名であったが、のち、良にあて、男子の美称に用いる。」とあり。
【資料3】p720、項目【郎】の解説中に、「郎は良士(よい男)の意味であろう。」の記述あり。(『字統』にも同じ内容があるが、こちらの方が平易に書いてある。)
【資料4】p386、項目【郎・郞】に、「宛字として一般に使用される字」「くずし字の形が似ている字」として「良」があがっている。
回答プロセス
(Answering process)
●まず、漢和辞典、漢字辞典を見る。
『大漢和辞典 修訂版 巻十一』 大修館書店 に上記の記述あり。
『学研新漢和大字典』 学研 に上記の記述あり。
『大字典 普及版』 講談社 1971年、記述なし。
『常用字解』 平凡社 2012年 に上記の記述あり。

●異体字の資料を見る。
『異体字の世界』  河出書房新社 2007年
『略字字典』 新風書房 2003年
『漢字異体字典』 日外アソシエーツ 1994年
『異体字の基礎知識』 柏書房 1980年
『漢字百珍』  八坂書房 2001年 などを見るが、記述なし。

●名前の歴史の資料を見る。
『苗字と名前の歴史』 吉川弘文館 2006年
『名前の日本史』 文芸春秋 2002年
『日本人の名前の歴史』 新人物往来社 1999年 などを見るが、記述なし。

●古文書関係の資料を見る。
参考図書『新編古文書解読字典』 柏書房 に上記の記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 9版)
音声.音韻.文字  (811 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大漢和辞典 修訂版 巻十一』諸橋 轍次/著,大修館書店,1985,参813.2/タ/11 (【資料1】)
『学研新漢和大字典』藤堂 明保/編,加納 喜光/編,学研,2005,参813.2/カ (【資料2】)
『常用字解』白川 静/著,平凡社,2012,参811.2/シ (【資料3】)
『新編古文書解読字典』林 英夫/監修,根岸 茂夫 他/編,柏書房,1993,参210.0/シ (【資料4】)
キーワード
(Keywords)
略字
宛字
古文書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000052724解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!