このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2020-009
事例作成日
(Creation date)
2019/04/28登録日時
(Registration date)
2020年06月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年06月25日 16時47分
質問
(Question)
呼吸法について調べたい。特に腹式呼吸と胸式呼吸の違いについて、調べたい。
回答
(Answer)
以下の資料に記載があります。
 〇『世界大百科事典 24』 平凡社 2007年
 〇『日本大百科全書 20』 小学館 1988年
 〇『病気がみえる vol.4』 医療情報科学研究所/編集 メディックメディア 2018年
 〇『医科学大事典 11』 武見太郎/編集主幹 講談社 1982年
 〇『医科学大事典 41』 武見太郎/編集主幹 講談社 1983年
 〇『毎朝10回の「深い呼吸」で体が変わる』 藤麻美子/著 文響社 2016年
 〇『疲れやすい、瘦せにくいは呼吸が原因だった』 大谷義夫/著 二見書房 2018年
 〇『呼吸で10歳若返る。』 白澤卓二/著 ブックマン社 2017年
 〇『太らない、疲れない「呼吸」「姿勢」「歩く」の新常識』 日経BP社 2018年
 〇『完全版呼吸法』 雨宮隆太/共著 ベースボール・マガジン社 2016年
 〇『呼吸を変えるだけで健康になる』 本間生夫/著 講談社 2011年
 〇『誰でもできる24時間<龍村式>呼吸健康法』 龍村修/著 有楽出版社 2007年
 〇『呼吸の極意』 永田晟/著 講談社 2012年
 〇『はじめての呼吸法』 雨宮隆太/共著 ベースボール・マガジン社 2005年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認 
 〇『世界大百科事典 24』 平凡社 2007年
  P.460に「ふくしきこきゅう 腹式呼吸」の項あり。
   「横隔膜が収縮して下降することにより吸息を行う型の呼吸。胸囲の前後左右径の拡大によって吸息の行われる型の胸式呼吸chest respiration と対比されて呼ばれるが、実際には正常者ではこの二つの型の呼吸は混在しており、かつ腹式呼吸のほうが優勢である。(後略)」と記載あり。
 〇『日本大百科全書 20』 小学館 1988年
  P.190「腹式呼吸 ふくしきこきゅう」の項あり。
   「(前略)腹式呼吸では、横隔膜の収縮という活動が腹部内臓を押し下げ、腹壁を前方に押し出すという様式をとるのに対し、胸式呼吸では、肋間筋の活動が著明となり、胸部がよく動くという様式となる。(後略)」との記載あり。
 〇『病気がみえる vol.4』 医療情報科学研究所/編集 メディックメディア 2018年
  P.13「呼吸運動」の項に「腹式呼吸と胸式呼吸」の記載あり。
 〇『医科学大事典 11』 武見太郎/編集主幹 講談社 1982年
  P.92「胸式呼吸」の項あり。
   「(前略)胸郭の拡大(呼気時にはその縮小)による呼吸様式を主体とするものを胸式呼吸といい、横隔膜運動を主体とする腹式呼吸に対比させる。(後略)」と記載あり。
 〇『医科学大事典 41』 武見太郎/編集主幹 講談社 1983年
  P.119「腹式呼吸」の項あり。
   「呼吸の様式には、胸部の拡大・縮小によって営まれる胸式呼吸と、横隔膜の上下運動による腹式呼吸とがある。(中略)大まかにいうと、肺活量のうち3分の2が横隔膜運動に依存し、残り3分の1が胸郭の運動に依存している。(後略)』と記載あり。 
 〇『毎朝10回の「深い呼吸」で体が変わる』 藤麻美子/著 文響社 2016年
  P.32「(前略)胸を使って肋骨を広げたり閉じたりして行なう「胸式呼吸」。不安やストレスが強いときや仕事に追われているとき、疲れたとき、緊張したときになりやすい呼吸のパターンです。(中略)「深い呼吸」の別名称は、「腹式呼吸」。ゆったりと横隔膜を上げ下げする、リラックス時の呼吸です。(後略)」と記載あり。
 〇『疲れやすい、瘦せにくいは呼吸が原因だった』 大谷義夫/著 二見書房 2018年
  P.72~75「「胸式呼吸」と「腹式呼吸」、いい呼吸はどっち?」の項あり。
   P.73「(前略)普段、私たちがしている胸式呼吸は、胸郭があまり大きく広がらないため呼吸が浅くなりがちで、呼吸が浅くなると交感神経を刺激します。(中略)腹式呼吸は横隔膜を動かしておこなうので、横隔膜にある自律神経を刺激し、副交感神経を優位にするのに効果的です。また、腹式呼吸は胸式呼吸より少ない呼吸数で、より多くの空気を体に取り込むことができるという利点もあります。(後略)」と記載あり。
 〇『呼吸で10歳若返る。』 白澤卓二/著 ブックマン社 2017年
  P.26「「いい呼吸」の実践法として優れる太極拳」の項あり。
   「(前略)ガス交換という観点からは「胸式呼吸」も「腹式呼吸」も違いはありません。通常、どちらか一方ではなく、両方が働いていますが、腹式呼吸は肺の容積を最大限に使うような呼吸になるので、深く呼吸できる。(後略)」と記載あり。
 〇『太らない、疲れない「呼吸」「姿勢」「歩く」の新常識』 日経BP社 2018年
  P.12~17「呼吸法は最高の健康法」の項に、「腹式呼吸」と「胸式呼吸」の実践方法の記載あり。
 〇『完全版呼吸法』 雨宮隆太/共著 ベースボール・マガジン社 2016年
  P.59「1 腹式呼吸(横隔膜呼吸)」の項あり。
  P.60「2 胸式呼吸(胸郭呼吸)」の項あり。
 〇『呼吸を変えるだけで健康になる』 本間生夫/著 講談社 2011年
  P.42「「胸の呼吸」と「腹の呼吸」」の項あり。
   「呼吸筋によって行われる呼吸運動には、一般的に「胸式呼吸」と「腹式呼吸」が知られています。簡単にいうと、肋間筋を主とした胸の筋肉を使って行うのが胸式呼吸。一方、横隔膜によって息を吸うのが腹式呼吸です。(後略)」と記載あり。
 〇『誰でもできる24時間<龍村式>呼吸健康法』 龍村修/著 有楽出版社 2007年
  P.47~49「腹式呼吸と胸式呼吸はここが違う」の項あり。
   P.49「(前略)腹式呼吸のほうが「いい呼吸」とよくいわれるのは、横隔膜が大きく動くことによって、胸郭の動きより多くの空気を出入りさせることができる、という点にあります。(中略)ヨガでは、胸式呼吸も大事にするのは、胸を開く効果が、精神的にも解放させたり心を安定させ、元気をわかせる効果があるからです。(後略)」と記載あり。
 〇『呼吸の極意』 永田晟/著 講談社 2012年
  P.24「胸式呼吸と腹式呼吸」の項あり。
   「(前略)簡単にいうと、息を吸うときに胸を膨らませるのが胸式呼吸、お腹を膨らませるのが腹式呼吸です。(後略)」と記載あり。
 〇『はじめての呼吸法』 雨宮隆太/共著 ベースボール・マガジン社 2005年
  P.17~18「胸式呼吸だって捨てたものじゃない」の項あり。
   P.17「(前略)腹式呼吸は横隔膜呼吸といえるものだと述べたが、胸式呼吸も横隔膜が動いている。横隔膜と胸郭はどちらも呼吸運動の主体であり、互いに連携し補い合う関係にある。(中略)横隔膜を主体としておこなわれるのが腹式呼吸であり、胸郭が主体となっておこなわれるのが胸式呼吸である、と定義することができる。(後略)」と記載あり。
2.記載のなかった資料
 △『医科学大事典 16』 武見太郎/編集主幹 講談社 1982年
   P133に「呼気保持」の項はあるが、腹式呼吸と胸式呼吸の記載なし。
 ×『体の痛み・不調が消える!「呼吸」力学』 井本邦昭/著 主婦と生活社 2013年
 ×『腹筋運動ではお腹は凹みません』 森拓郎/著 アスコム 2013年
 ×『呼吸と姿勢の新法則』 兼子ただし/監修 主婦の友社 2017年
 ×『医者が教える肺年齢が若返る呼吸術』 奥仲哲弥/著 学研プラス 2019年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
医学  (490 9版)
臨床医学.診断.治療  (492 9版)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典 24 平凡社 2007.9 031
日本大百科全書 20 小学館 1988.3 031 4-09-526020-3
病気がみえる vol.4 医療情報科学研究所/編集 メディックメディア 2018.12 492 978-4-89632-730-4
医科学大事典 11 武見太郎/編集主幹 講談社 1982.10 490.33 4-06-147811-7
医科学大事典 41 武見太郎/編集主幹 講談社 1983.4 490.33 4-06-147841-9
毎朝10回の「深い呼吸」で体が変わる 藤麻美子/著 文響社 2016.10 498.34 978-4-905073-59-8
疲れやすい、瘦せにくいは呼吸が原因だった 大谷義夫/著 二見書房 2018.2 498.34 978-4-576-17180-7
呼吸で10歳若返る。 白澤卓二/著 ブックマン社 2017.9 498.38 978-4-89308-886-4
太らない、疲れない「呼吸」「姿勢」「歩く」の新常識 日経BP社 2018.4 498.3 978-4-8222-5735-4
完全版呼吸法 雨宮隆太/共著 ベースボール・マガジン社 2016.5 498.34 978-4-583-10933-6
呼吸を変えるだけで健康になる 本間生夫/[著] 講談社 2011.6 498.34 978-4-06-272718-1
誰でもできる24時間<龍村式>呼吸健康法 龍村修/著 有楽出版社 2007.12 498.34 978-4-408-59300-5
呼吸の極意 永田晟/著 講談社 2012.5 498.34 978-4-06-257771-7
はじめての呼吸法 雨宮隆太/共著 ベースボール・マガジン社 2005.8 498.34 4-583-03857-7
キーワード
(Keywords)
呼吸法
腹式呼吸
胸式呼吸
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000283433解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!