このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
新潟県立図書館 (2110024)管理番号
(Control number)
新県図-00035
事例作成日
(Creation date)
2000/06/30登録日時
(Registration date)
2005年12月13日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年11月25日 02時00分
質問
(Question)
19世紀後半のマンハッタンの高層建築について調べたい。建築の工程、柱などの部分が詳しく載っている資料はないか。特定の建物でなくともよい。
また、建築について詳しい専門機関があれば教えてほしい。
回答
(Answer)
1.以下の資料に関連する記述があります。
 (1)『アメリカ建築の巨匠たち』(ピーター・グレイク他著 鹿島出版会 1991 請求記号:523-B53)
  19~20世紀にかけて活躍した40人の建築家とその主要な作品を紹介。
 (2)『ニューヨーク -摩天楼都市の建築を辿る-』(小林克弘著 丸善 1999 523-Ko12)
  ニューヨークの主要建築物を豊富な写真で時代別に紹介。
  「2 グリッド都市の成立と大拡張 1811-1880 3 シティ・ビューティフルと高層化 1880-1916」が19世紀後半に該当。
 (3)『アメリカ様式建築の華 -マッキム・ミード・ホワイト-』(小林克弘著 丸善 1988 523-Ko12)
  19世紀末から20世紀初頭にかけてニューヨークを拠点にして活躍した三人の建築家の作品群を豊富な図版で紹介。
 (4)『アメリカ建築のアルケオロジ』(飯島洋一著 青土社 1993 523-I27)
  第1章で摩天楼建設のパイオニアといわれるサリヴァンを紹介。
 (5)『錯乱のニューヨーク』(レム・コールハース著 筑摩書房 1995 523-Ko78)
  建築をとおしてみたマンハッタン論。20世紀を中心に述べられているが、19世紀についても若干ふれられている。
 (6)『フレッチャー世界建築の歴史』(ジョン・モスグローヴ編 西村書店 1996 R520-Mu83)
  国別、時代別に主要建築物を紹介。写真も豊富。

2.『専門情報機関総覧』(専門図書館協議会 1997)、『ライブラリーデータ』(ライブラリーデータ編集委員会編 東京書籍 1998)より、類縁機関として以下の機関をご紹介いたします。サービス内容、連絡先等につきまして、出典資料をご覧ください。
 (1) 建設省研究所国立国会図書館支部建設省建築研究所分館 
 (2) 日本建築学会図書館(利用条件:日本建築学会会員)    
 (3) 西日本建設業保証㈱建設図書室
 (4) 日本建築協会
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建築学  (520 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
マンハッタンの高層建築
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
一般利用者
登録番号
(Registration number)
1000025736解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!