このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪市立大学学術情報総合センター (3200003)管理番号
(Control number)
14-003
事例作成日
(Creation date)
2014年12月8日登録日時
(Registration date)
2015年02月25日 14時34分更新日時
(Last update)
2015年03月03日 16時23分
質問
(Question)
大正はじめ頃から昭和36年まで営業していた秋保電鉄の売上げを知りたい(秋保電鉄の会社名は年代によって変化していっている)。
路面電車について調べており、他の電鉄会社との比較を行いたい。
回答
(Answer)
大正年間から第二次大戦後までの路面電車売上統計を知るには、以下のような資料が参考になります。
なお、1.から4.の資料のうちの多くは国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されています。
5.の資料のうち昭和19年度から23年度は、国立国会図書館デジタルコレクションで図書館送信資料扱いとなっています。

1.『鐵道院年報』(明治41年度から大正8年度) 
掲載例:
大正3年度から4年度 軌道之部>第十一 営業収支 の営業収支表>馬力 の中に「秋保石材」あり。
掲載項目は、収入(乗客・貨物・其他・計)、支出(保存・動力・運輸・其他・計)、差引利益などです。
大正5年度から構成が変更されているもようです。

2.『鐡道省鐡道統計資料』(大正9年度から大正14年度)
掲載例:
大正9年度 軌道>営業収支表>馬力の中に「秋保石材」あり。
大正14年度 監督>軌道>営業収支表>電気の中に「秋保電気」あり。

3. 鐵道省『鐵道統計資料』第3編 監督 (昭和元年度から11年度)
掲載例:
昭和元年から5年度 軌道>営業収支表>電気の中に「秋保電気」あり。
掲載項目は、収入(客車・貨車・運輸雑収入・計)、支出(保存費・電車費・運輸費・総経費・諸税・計)等。

4. 鐵道省『鐵道統計』第3編 監督 (昭和12年度から16年度)
軌道>営業収支表>電気の中に「秋保電気」あり
掲載項目は、営業収入・営業費・営業益金・其ノ他益金 等。

5. 日本国有鉄道『鉄道統計年報』(昭和19年度から)
掲載例:
昭和19年度第3編 監督 軌道>営業収支表>電気の中に「秋保電気」あり。
昭和20年度第3編 監督~23年度第3編 監理 地方鉄道>営業収支表>電気の中に「秋保電気」あり。
後年のものは構成が大幅に変更になっており、地方鉄道に関する数字は載っていないもようのため、次の『地方鉄道軌道統計年報』を参照が望ましい。

6. 運輸省鉄道監督局監修『地方鉄道軌道統計年報』(昭和24年度から29年度)
掲載例:
昭和29年度 営業収支表に「秋保電気」あり。

7. 運輸省鉄道監督局監修『私鉄統計年報』(昭和30年度から)
掲載例:
昭和34年度 営業成績表(目次では営業収支表)に「仙南交通」あり。
昭和34年中に仙南交通秋保線へ改称されているもようのため、「仙南交通」の中に含まれると思われる。
回答プロセス
(Answering process)
質問者は基礎調査の段階でウィキペディアの「秋保電気鉄道」の項目を調べており、ここに営業実績表が掲載されていることは確認していた。裏付けとなる文献が必要であるため、電鉄会社の社史などを探したものの見つからず、相談に来られた。
ウィキペディアのデータの典拠として、鉄道院年報、鉄道院鉄道統計資料、鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料、鉄道統計、国有鉄道陸運統計各年度版が挙がっていたので、当館所蔵資料と国立国会図書館デジタルコレクションで内容を確認していった。
事前調査事項
(Preliminary research)
ウィキペディアの「秋保電気鉄道」の項目
NDC
鉄道運輸  (686)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
秋保電気鉄道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
企業
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000168249解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!