このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000153275
提供館
(Library)
芳賀町総合情報館 (2400006)管理番号
(Control number)
20130828
事例作成日
(Creation date)
2014年05月16日登録日時
(Registration date)
2014年05月16日 12時54分更新日時
(Last update)
2014年05月16日 12時54分
質問
(Question)
芳賀町内にある霊場、札所について知りたい。
回答
(Answer)
芳賀町内の寺院や小堂などを札所とする霊場巡りは、幾つかある。主に西国三十三所、秩父三十四所霊場を模したものである。(『芳賀町史通史編 民俗』408p~)

・江戸時代宝永期(1700年代初)以降に「下野三十三所観音霊場(下野坂東三十三所)」、「下野西国三十三所」、「下野秩父三十四所」が作られ、下野三十三所の十五番札所(長命寺)・十六番札所(常珍寺)、下野西国三十三所の三十一番札所(観音寺)が芳賀町内にある。

・大正期には、「芳賀秩父三十四所」が開かれ、芳賀町内の寺・堂宇多くが札所とされた。札所・ご詠歌については、『芳賀の文化財 第16集(芳賀百観音編)』(24p~)に記述されている。

・昭和40年代、「新下野三十三所」が選ばれ、三番札所(観音寺)、四番札所(高宗寺)が芳賀町内にある。

・平成期に入り、「ぼけ封じ関東三十三番観音霊場」、「関東八十八所」が開かれ、ぼけ封じ関東三十三番観音霊場の二十七番札所(観音寺)、関東八十八所第二十九番札所(観音寺)が芳賀町内にある。

・「下野一国百番順礼道中記」(原本は、都立中央図書館加賀文庫/『神道古典研究所紀要』第11号に史料翻刻あり)なる史料があり、江戸時代中期の下野国内巡礼を知ることができる。
・近代の芳賀町の巡礼、御詠歌の実態が知れる資料として、『芳賀町史報告書第4集 念仏和讃御詠歌集』がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
芳賀町史編さん委員会 編 , 芳賀町 (栃木県). 芳賀町史 通史編 民俗. 芳賀町, 2002.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003650317-00
芳賀郡市文化財保護審議会連絡協議会/編 , 芳賀‖郡‖市‖文化財‖保護‖審議会‖連絡‖協議会. 芳賀の文化財 第16集. 芳賀郡市文化財保護審議会連絡協議会, 1989.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I016536995-00
芳賀町史編さん委員会 編 , 芳賀町 (栃木県). 念仏和讃御詠歌集 : 沼能家蔵念仏和讃集・加藤家蔵仏閣順拝記. 芳賀町, 1999. (芳賀町史報告書 ; 第4集)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002799219-00
キーワード
(Keywords)
芳賀町
霊場
札所
芳賀秩父
観音
ご詠歌
御詠歌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000153275解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!