このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000105621
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20120507-1
事例作成日
(Creation date)
2012年05月07日登録日時
(Registration date)
2012年05月07日 11時53分更新日時
(Last update)
2012年05月08日 23時15分
質問
(Question)
BRICsとBRICSについて知りたい。
回答
(Answer)
『現代用語の基礎知識』2012に次の情報があった。
p.135
BRICS 【総合目次】 > 国際情勢 > 世界経済 > △世界経済を考えるために >
ブラジル、ロシア、インド、中国の新興4大国を指し、2011年から南アフリカ共和国がこのグループに参加した。・・・
11年4月に中国の北京で行われた第3回首脳会議には南アフリカ共和国が参加し、グループの正式名称はBRICsからBRICSに変わった。

下記のサイトがあった。

新興国の枠を超えつつある「BRICS(ブリックス)」 ことばアップデート 日経Bizアカデミー
http://bizacademy.nikkei.co.jp/column/keyword/article.aspx?id=MMACzf005001032012  (2012/05/07確認)
 主な新興国を指す「BRICS(ブリックス)」という言葉が生まれてから、2011年11月末でちょうど10年。一般に「BRICS」5カ国と称されるのは、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ。
 BRICS5カ国はすべて20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)のメンバーに入った。欧州危機が続き、その成長エンジンとしての発言力を増している。「BRICs」という言葉は米国の投資銀行、ゴールドマン・サックスのエコノミストだったジム・オニール氏が2001年11月30日付の投資家向けリポートで名づけた。
 命名当時はブラジル、ロシア、インド、中国(チャイナ)のアルファベットの頭文字を取った、有力な新興国群の代名詞的呼称だった。最後の「s」は小文字だったが、南アフリカ(South Africa)が加わって2011年から「BRICS」に変わった。BRICS各国の市場が拡大しているのを受けて、日本のメーカーや商社では、社員が新興国の言語を習得するのを後押しする動きが目立つ。[2012年3月1日]

[参考記事]新興国の成長は続くか――ゴールドマンサックス、ジム・オニール氏(創論) 2011/11/13 日本経済新聞 朝刊 11ページ
回答プロセス
(Answering process)
経済新語の辞典や『現代用語の基礎知識』などを調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経済  (330 9版)
経済政策.国際経済  (333 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
Brazil
Russia
India
China
South Africa
新興国
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000105621解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!