このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000074514
提供館
(Library)
三重県立図書館 (2110033)管理番号
(Control number)
9000001006
事例作成日
(Creation date)
20100228登録日時
(Registration date)
2010年11月28日 02時01分更新日時
(Last update)
2010年11月28日 02時01分
質問
(Question)
明治期の教科書  明治期に小学校教則本(教科書)が使われるようになったのは何年か。
回答
(Answer)
『三重県教育史』p.375によると、明治5年9月に「小学教則」が公布されました。各級ごとに教科書を示したものとあります。三重県(旧)では、明治7年に教則を届け出て、教科書は文部省の教則の中から選択されています。また度会県では明治6年に小学教則を定めています。 このほか下記資料に教科書について記述があります。 『学校物語』(津市編集)p.11~には、学制公布時は教科書の発行・採択は自由で往来物や漢籍、啓蒙普及書が多く使われたこと、その後「教育令」の改正があり、儒教主義路線への転換、教科書について管理が強化されたことが紹介されています。 『三重県教育史 第1巻』p.387に官板教科書を翻刻したもの・県内で独自に編集・出版されたものの一部が表にまとめられています。 『三重県史 資料編近代4』 p.52に明治9年の「三重県小学規則」があり、各級・各教科ごとに教育内容が示されています。 
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
三重県史 資料編近代4,津市史 第5巻,三重県教育史 第1巻,三重県教育史 年表統計編,学校物語 
キーワード
(Keywords)
三重県-教育
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000074514解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!