このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立若狭図書学習センター (2110046)管理番号
(Control number)
福若-2009-0730
事例作成日
(Creation date)
2009年07月30日登録日時
(Registration date)
2009年08月05日 11時39分更新日時
(Last update)
2009年08月05日 11時42分
質問
(Question)
鯖街道のうち、「九里半越え」の詳しいルートがわかる資料はないか。
回答
(Answer)
『福井県歴史の道調査報告書』第4集 に、若狭街道の旧道を示した地図がある。
また、『5万分の1図歴地形図』熊川 で、当時の若狭街道のルートがわかる。
回答プロセス
(Answering process)
*「九里半越え」とは、日本海と琵琶湖を結ぶ街道のうち、小浜-今津間のルートのこと。距離によって他に、
  「七里半越え」(敦賀-海津),「五里半越え」(敦賀-塩津)がある。

①H682の書架に街道関係の資料がある。旧街道のルートが載っている資料としては、『福井県歴史の道調査報告書』福井県教育委員会 全6集 
 のシリーズがある。小浜-今津間のルートの県内部分は「若狭街道」にあたり、下の巻に含まれている。
  ・『福井県歴史の道調査報告書』第4集 福井県教育委員会 2004 (H682/キヨウ/4)
   :「朝倉街道・鯖街道」の巻。巻末に、現在の国土地理院発行地図上に旧街道を示した付図が載っている。
 また滋賀県側の部分は、下の資料に載っている。
  ・『若狭街道・塩津海道』滋賀県教育委員会 2006 (H682/シカケ)
   :「中近世古道調査報告」第9巻。巻末に、上資料と同様な付図がある。
② 旧街道のルートについては、過去の国土地理院発行地図等が参考となる。当館で所蔵している関連地図としては、下の資料があった。
  ・『5万分の1図歴地形図』熊川 人文社 1992 (H297/コ)
   :明治~昭和戦後期にかけての陸地測量部・国土地理院の5万分の1地図9枚。小浜から滋賀県境付近までの地域を含み、若狭街道の旧道がわかる。

 ⇒ ①②の地図より、必要部分をコピーした。②の滋賀県側の該当部分については、滋賀県立図書館で尋ねる、とのこと。
事前調査事項
(Preliminary research)
実際に歩きたい。滋賀県側のルートは、ある程度調べてある。
NDC
交通史.事情  (682 8版)
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
鯖街道 
若狭街道(九里半越え) 
旧道(旧街道)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000056890解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!