このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
吹田市立中央図書館 (2310124)管理番号
(Control number)
吹-10-2014-018
事例作成日
(Creation date)
2013年08月10日登録日時
(Registration date)
2014年08月03日 11時32分更新日時
(Last update)
2014年12月11日 16時56分
質問
(Question)
吹田市(すいたし)の市民の木がくすのきになったきっかけを知りたい。
回答
(Answer)
昭和53年4月10日の『市報すいた』に「市民の木『クスノキ』に決まる」とのタイトルで掲載。
いきさつ:当時2月10日から1カ月の公募期間があり、選定委員会によって2日間の話し合いがもたれた。
選定基準は応募結果を反映させる意味で、「キンモクセイ」「サクラ」「クスノキ」「イチョウ」「ポプラ」の5種類から選定。
最終的にくすのきに選ばれた理由としては、①市のシンボルとして次の世代に引き継いでいけるもの、②学校や公園など緑化の中核という点から中木・高木がふさわしい、③害虫に強く、維持管理がしやすい、長命であるなどの理由があり、識者の意見も取り入れつつ検討されたとの旨が記載。
「キンモクセイ」についても、“第二の市民の木”として、緑化推進の樹木とするよう配慮を求めた意見も当時あった。

※利用者から特に問い合わせはなかったが、同じく吹田市の市民の花・さつきは、昭和45年に公募で決定したとの記載が吹田市ホームページにあり。
回答プロセス
(Answering process)
『吹田市史』など記述なし。吹田市のホームページにはくすのきの特徴と昭和53年にくすのきに制定された、とあったがきっかけまでは記載なし。昭和53年に制定されたことが分かっているので、当時の『市報すいた』を見てみると、上記の回答が判明した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 8版)
参考資料
(Reference materials)
『市報すいた 縮刷版』第1巻 昭和25年8月15日~昭和53年11月25日 吹田市市長室広報課/編集 1990
キーワード
(Keywords)
吹田市(すいたし)
市民の木
くすのき
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000157381解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!