このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR12070048
事例作成日
(Creation date)
2012/08/31登録日時
(Registration date)
2013年01月27日 02時00分更新日時
(Last update)
2014年04月05日 20時27分
質問
(Question)
『都市データパック2010年版』に掲載されている、箕面市の「住みよさ」ランキングの順位を知りたい。
 2012年版・2011年版・2009年版は調査済みで、2011年版には掲載がありませんでした。
(おおむね該当市の右ページ上に掲載されているようです。)
回答
(Answer)
『都市データパック 2010年版 東洋経済別冊』(東洋経済新報社 2010.7)p.1234-1235「箕面市」を確認しました。
順位は次のとおりです。

住みよさ:総合58位([偏差値]54.68)
 (安心459位 利便51位 快適137位 富裕40位 住居679位)

<参考>レファレンス協同データベース(国立国会図書館)
「都道府県、都市の住みやすさの指標やランキングが掲載されている資料はありませんか」に参考図書の解説があります。
●『都市データパック』(東洋経済新報社 年刊 )
2006年版では、「住みよさランキング」はpp.39~60に掲載されています。これは東洋経済新報社が毎年独自に算出・公表するもので、全国780市を対象に、安心度、利便性、快適度、富裕度、住居水準充実度の5つの観点から16指標を設定し、偏差値を算出するという手法で行われています。総合評価とカテゴリー別、エリア別、都道府県別の順位が示されており、2006年版の総合評価の上位3位は、福井市(福井県)、栗東市(滋賀県)、成田市(千葉県)となっています。「住みよさ」のほかに、「成長力・民力度」、「財政健全度」、「安全なまち」の各ランキングもあります。また、本書の大部分を占める「47都道府県・802市区の最新情報」では、人口や地方税収入額、事業所数などの基本データに加えて公共下水道普及率、都市公園面積1人当り、住宅地地価1㎡当り、医師数、等々のデータと順位を都道府県別・都市別に参照することができます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 8版)
参考資料
(Reference materials)
『都市データパック 2010年版 東洋経済別冊』(東洋経済新報社 2010.7)(ページ:1235)
レファレンス協同データベース(国立国会図書館)(2012/8/31現在) (ホームページ: https://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000039428 )
キーワード
(Keywords)
住みやすさ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
統計・各種データ
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000127509解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!