このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188810
提供館
(Library)
愛知淑徳大学図書館 (3310015)管理番号
(Control number)
ASN2015-05
事例作成日
(Creation date)
2015年09月14日登録日時
(Registration date)
2016年03月03日 16時44分更新日時
(Last update)
2016年03月11日 10時54分
質問
(Question)
『東京日日新聞』(毎日新聞の前身)の次の日付に掲載されている記事の見出しが知りたい。
①大正6年9月6日  早稲田騒動の関連記事
②大正6年6月23日 早稲田騒動の関連記事
③大正6年6月30日 早稲田学長留任に関する記事
回答
(Answer)
回答プロセスを参照。
回答プロセス
(Answering process)
1.基本事項を確認する
 『JapanKnowledge』【契約データベース】
  <キーワード:東京日日新聞>
   「東京日日新聞」(『デジタル大辞泉』収録)
     "明治5年(1872)に創刊された東京で最初の日刊新聞。岸田吟香の雑報、福地桜痴の政府支持の論説で
      知られた。同44年大阪毎日新聞に買収され、昭和18年(1943)毎日新聞に題号を統一。"
  ※読み方:とうきょうにちにちしんぶん

2.本学OPACで新聞の所蔵確認をする
 <キーワード:東京日日新聞>
  所蔵なし。

3.所蔵館に参考調査の依頼をする
 (参考調査依頼先:名古屋大学附属図書館)
 参考調査回答により次のことが分かった。
  ①大正6年9月6日 早稲田騒動の関連記事 ⇒掲載あり
    "早大問題の裏に女あり"         大正6年9月6日 7面
    "早大理事と学生の会見は物別れ"   大正6年9月6日 7面
  ②大正6年6月23日 早稲田騒動の関連記事 ⇒掲載あり
    "早大学長の辞任"            大正6年6月23日 5面
    "早大学長は誰れ"            大正6年6月23日 7面
    "読書に親しむ外他意はない"     大正6年6月23日 7面
  ③大正6年6月30日 早稲田学長留任に関する記事 ⇒掲載なし 

 ※参考調査時の回答に添えられていた内容
  ・いずれも執筆者名及び朝刊/夕刊の別の記載なし。
  ・毎日新聞のデータベース「毎索」では、これらは朝刊として登録されており、
   各同日には夕刊が登録されていなかった。
  ・「国立国会図書館レファレンス協同データベース」に類似のレファレンス事例の掲載がある。
     「大正6年9月5日~13日頃に運動の盛期を迎えた「早稲田騒動」(学長問題に起因して
      早大で起こった大学紛争)に関する新聞記事を探索しています。『東京朝日新聞』
      『東京日日新聞』2紙について、上記期間で「早稲田騒動」について扱った記事の紙名
      及び日付、掲載頁数をお教え願います。」
      (国立国会図書館事例)

4.③について他の新聞データベースで記事を探す
 【★1】『聞蔵Ⅱ(朝日新聞)』【契約データベース】
  <キーワード:早大 学長 /1917(大正6)6月30日のみ>
   "天野学長の再任を期す 早大の有志大会" 1917年6月30日 朝刊5面
     →朝日新聞に該当記事の掲載あり。

以上
<Web最終確認日:2015/09/24>
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ジャーナリズム.新聞  (07 9版)
教育  (37 9版)
参考資料
(Reference materials)
【★1】契約DB『聞蔵Ⅱビジュアル』(朝日新聞記事検索)
キーワード
(Keywords)
東京日日新聞
早稲田騒動
早稲田大学
早大
学長
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
新聞
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000188810解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!