このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000116988
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201212-07
事例作成日
(Creation date)
2010年05月20日登録日時
(Registration date)
2012年12月25日 17時48分更新日時
(Last update)
2013年01月09日 22時37分
質問
(Question)
大阪市内を運行している水陸両用バスについて知りたい。
回答
(Answer)
水陸両用バスは、都島区を拠点に活動するNPO法人「大阪・水かいどう808」が企画し、専門会社日本水陸観光を設立、北港観光バスと共同で運営しています。NPO法人「大阪・水かいどう808」は、水都・大阪の原点である「川」の環境を浄化して大阪の活性化をうながすことを目的として、2001年に設立されました。
当時のバスは、「チャレンジャー号」という名前で、日本発の定期観光ツアー「大阪ダックツアー」を2007年12月より行ないました。
「チャレンジャー号」は全長12メートル、高さ3.54メートルで、スクリューが一番後ろについており、地上では前輪と後輪で、水上ではスクリューで前進する仕組みになっていました。当時の「大阪ダックツアー」は、中央区にあるシティプラザ大阪1Fで受付、1日4便、年中無休で運行していました。
ルートは、本町通、上町筋、土佐堀通を通って、都島区へ。藤田美術館、太閤園の近くや国道1号線を横切り、桜宮神社の横を通り、毛馬桜ノ宮公園の河川敷から大川へと入水し、その後、桜ノ宮橋、川崎橋、天満橋を通過し、天神橋の手前で、Uターンし、右手に桜ノ宮公園を見ながら北上し、再び路上に戻り、国道1号線から御堂筋、千日前通、堺筋を通り、シティプラザ大阪にもどりました。所要時間はおおむね1時間30分でした。
その後、バスは「LEGEND零TWO号」に変わり、ルートも変更されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陸運.道路運輸  (685 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大阪人』2008年3月号 大阪都市工学情報センター <当館書誌ID:5111582525>
『水の文化』 2008年11月号 ミツカン水の文化センター <当館書誌ID:5111767471>
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市都島区
水陸両用バス
水かいどう808
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000116988解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!