このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000101959
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20120219-15
事例作成日
(Creation date)
2012年02月19日登録日時
(Registration date)
2012年02月19日 18時17分更新日時
(Last update)
2012年02月23日 11時57分
質問
(Question)
因幡の白兎について知りたい。
回答
(Answer)
『国史大辞典』に次の情報があった。

いなばのしろうさぎ【因幡の白兎】
「『古事記』にみえる神代の伝説。『古事記』によると大国主神の兄の八十神は、稲羽の八上比売に求婚するために出かけ、気多の岬で皮をはがれた兎に出会った。その兎はもと淤岐(おき)島にいて、ワニをあざむいて、陸地まで並ばせ、その上をふんで来たのがみつかり、仕返しにあったものであった。八十神は兎に海潮を浴びて山の上で風に当たれと教えたが、そのとおりにすると痛みはますますひどくなった。大きな袋を負い、従者としてあとから来た大国主神は、それを見て、真水で身体を洗い、蒲黄(かまのはな)をとってその上に寝ているとよいと教えた。なおった兎は、あなたこそ八上比売を得ることができるでしょうといったという。(以下略)」

参考文献:
松村武雄『日本神話の研究』三
徳川義親「稲羽の素菟考」(『民俗学』三ノ五
回答プロセス
(Answering process)
Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]に次の情報があった。

因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%9B%A0%E5%B9%A1%E3%81%AE%E7%99%BD%E5%85%8E/ (2012/02/18確認)
「神話・伝承に出てくる白兎。因幡国に渡ろうと考えた隠岐(おき)島の兎は、鮫(さめ)をだますことを思い付き、同族の多さを比べようと鮫に呼びかけて、鮫を因幡国の気多崎(けたのさき)まで並ばせた。その上を踏み数えながら渡った白兎は、まさに計画が成功しようとしたとき、「お前たちはだまされたのだ」といったばかりに、最後の鮫に捕らえられて皮をはがれてしまう。このとき兄たちの求婚旅行の袋担ぎとして同行していた大汝神(おおなむちのかみ)(大国主命(おおくにぬしのみこと))が兎に会い、兄たちとは反対に、親切に兎に治療法を教えてやった。それで兎は「あなたこそ求婚に成功なさるでしょう」と予言した。(以下略)」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神話.神話学  (164 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本神話事典 / 青木周平[ほか]編 大和書房 , 1997 ISBN:4479840435 p.52
いなばのしろうさぎ 出雲大社
http://www.izumooyashiro.or.jp/kamigami/inaba/index.html  (2012/02/23確認)
キーワード
(Keywords)
日本神話
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000101959解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!