このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00126
事例作成日
(Creation date)
2010年11月29日登録日時
(Registration date)
2011年04月13日 15時00分更新日時
(Last update)
2011年08月17日 13時55分
質問
(Question)
村上龍氏のサッカーに関するエッセイが気に入っている。フィジカルインテンシティシリーズ、『悪魔のパス天使のゴール』、『文体の精度』は読了。村上氏の2002年サッカーW杯以降のサッカーに関するエッセイ本があれば紹介してほしい。
回答
(Answer)
すでに読まれた本以外には、村上龍氏のサッカーに関するエッセイは出版されていないようだった。
エッセイではないが、村上龍氏の著作(対談・ディベート集)に、サッカーについての対談が収められているものがあった。

・『啓蒙的なアナウンスメント 第2集 世界の現状』 村上 龍著 日本放送出版協会 東京 2003
 p249~280 「セリエA、そしてワールドカップ」(マウリッツィオ・モラーナ氏との対談)
 p281~306 「サッカー=コミュニケーション」(岡田武史氏との対談)
 p307~325 「ワールドカップの舞台裏」(近藤篤氏との対談)

また、映画脚本家ダバディー氏が、サッカーについて、村上龍氏と対談したものがあった。

・『黄金時代 日本代表のゴールデン・エイジ』 フローラン・ダバディー著 アシェット婦人画報社 2002
 p161~228 「第3章 好きなのはサッカーであって、W杯ではない」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
評論.エッセイ.随筆  (914)
球技  (783)
参考資料
(Reference materials)
『啓蒙的なアナウンスメント 第2集 世界の現状』 村上 龍著 日本放送出版協会 東京 2003
『黄金時代 日本代表のゴールデン・エイジ』 フローラン・ダバディー著 アシェット婦人画報社 2002
キーワード
(Keywords)
村上龍
サッカー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000085016解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!