このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000023802
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2005-040
事例作成日
(Creation date)
2005/05/19登録日時
(Registration date)
2005年09月10日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年06月09日 16時55分
質問
(Question)
名言と思われる「What had passed has gone,what is remained welcome」は誰の言葉でどういう意味か。
回答
(Answer)
フランクルがハイデッガーの言葉を英訳したもの。フランクルの著書『〈生きる意味〉を求めて』の6章「はかなさと、死すべき運命」に似た文章がある。「What has passed,has gone(通り過ぎただけの過去は、もう過ぎ去ってしまった)What is past,will come(けれど生き抜かれた過去は、やってくる)」。これを紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
所蔵する英語の名言辞典等にあたるが該当なし。
《Google》を〈What had passed has gone〉で検索すると、フランクルの『〈生きる意味〉を求めて』を典拠としているWebページがあった。
該当の資料により最終確認をした。(2005/09/06現在 Webページは削除されている)。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
臨床心理学.精神分析学  (146 9版)
人生訓.教訓  (159 9版)
参考資料
(Reference materials)
『〈生きる意味〉を求めて』(ヴィクトール・E.フランクル 春秋社 1999)
キーワード
(Keywords)
精神分析学
格言
Heidegger Martin(ハイデッガー マルティン)
Frankl Viktor Emil(フランクル ヴィクトール・E)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000023802解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!