このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000084829
提供館
(Library)
新潟市立中央図書館 (2210022)管理番号
(Control number)
新市図-00514
事例作成日
(Creation date)
2009.04.30登録日時
(Registration date)
2011年04月12日 02時02分更新日時
(Last update)
2011年04月12日 02時02分
質問
(Question)
『本・子ども・大人』(ポール・アザール著 紀伊国屋書店 1957)にある「アルミデスの庭」の出典と意味。
回答
(Answer)
出典は叙事詩「解放されたエルサレム」及びそれを題材にしたオペラから。
魔女アルミダが勇者を自分の庭園で魔法にかけ魅了するというオペラのワンシーンが転じて,魂を魅了するものという意味で使用されたと推測できる。
回答プロセス
(Answering process)
『世界文学大系 47』(ロマン・ロラン著 豊島与志雄訳 筑摩書房 1958)の「ジャン・クリストフ 第5巻広場の市」の一節に「アルミデスの庭」が登場する。
『ロマン・ロラン全集 2』(ロマン・ロラン著 片山敏彦訳 みすず書房 1981)では「アルミダの庭」(魂を魅する魔力の花園)とあった。

アルミダは16世紀イタリアの詩人タッソの叙事詩「解放されたエルサレム」に登場する魔女で,『新グローヴオペラ事典』(スタンリー・セイディ編 白水社 2006)や『ラルース世界音楽事典』(遠山一行編 福武書店 1989)によると「アルミーダ」や「アルミード」のタイトルでオペラ化されている。
記述されたあらすじを参考にすると「アルミデスの庭」は,オペラのワンシーンをもとにした表現と推測できる。
魔女アルミダについて,googleブック検索より,「解放されたエルサレム」イタリア語版では「Armida」とあり,「ジャン・クリストフ」英語版では関連語として「the garden of Armide」という記述が確認できた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (973 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
アルミダ
アルミデス
解放されたエルサレム
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
一般利用者
登録番号
(Registration number)
1000084829解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!