このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000073404
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006429
事例作成日
(Creation date)
2010年05月11日登録日時
(Registration date)
2010年11月14日 13時55分更新日時
(Last update)
2010年11月14日 13時55分
質問
(Question)
甲州印伝の菖蒲の柄の図案を見たい。またその由来を知りたい。
回答
(Answer)
菖蒲革は、1368年に京都八幡の神官が内職に染め始めたものといわれ、勝武・勝負・尚武に音が通じるところから武具に用いられた。図案、詳細については照会資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.自館システムで書名「印伝」×郷土資料で検索。『甲州印伝と私』(出沢利美著 印伝屋上原勇七広報部 1987年)の巻末にある「鹿革の歴史(年表)」をみると、「1368(年)菖蒲革・山城国(京都)の神人が考案した菖蒲の花葉を染め出した革」と記述がある。

2.『鹿韋彩飾の考察と甲州印伝』(出沢利美著・発行 1999年)をみると、p17に「……勝武とか勝負または尚武に音が通じることから、縁起がよいとして武具に用いられました」との記述と、図柄の掲載(白黒)あり。また、巻末の図版部分p154に「漆文様の一部」というカラー図版があり、菖蒲の掲載もある。

3.『印傳博物館図版目録 資料篇』(印傳博物館 2005年)には、以前の展示の記録としてはあるが、図版が小さすぎて判読不可。

4.インターネットで印伝博物館(印伝屋上原勇七)webサイト( http://www.inden-ya.co.jp/ ※2010.11.14確認)を見ると、「印伝の世界」の「模様」に菖蒲革の画像と、「健胃薬として用いられたことや「尚武」「勝負」に音が通じることから疫病を防ぎ、邪気を払うといういわれが生まれ、古くから武具等に模様として多用されました」と説明がある。

5.伝統工芸という観点から資料を見るが、『ふるさとの特産品』(地域活性化センター編・発行 1987年)p28、『Yamanashi Brand-山梨の物産カタログ-』(山梨県物産振興協会製作 山梨県商工労働観光部商業振興課 199-)p10には、印伝の説明、写真はあるが、菖蒲革などの細かい説明はない。

6.『綜合郷土研究』(山梨県師範学校編・発行 1936年)の「産業」の章で「印伝加工業」の部分をみると、「特に菖蒲絵のものは、菖蒲革、桜模様のものは小桜革と呼ばれ、昔は専ら武士の陣羽織其他の武具を作った」との記述がある。

7.自館システムで件名「図案」で検索すると、『文様の事典』(岡登貞治編 東京堂出版 1977年)p159に、「菖蒲革」の項があり、印伝に限らず一般的な「絵革の一種」として、図案と解説がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
宝石.牙角.皮革工芸  (755 9版)
参考資料
(Reference materials)
『鹿韋彩飾の考察と甲州印伝』(出沢利美著・発行 1999年) (p17,p154)
印伝博物館(印伝屋上原勇七)webサイト( http://www.inden-ya.co.jp/ ※2010.11.14確認)
キーワード
(Keywords)
印伝
甲州印伝
菖蒲革
図案
皮革工芸
伝統産業
山梨県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土(技術・工業)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000073404解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!