このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
0C17003839
事例作成日
(Creation date)
2016年09月24日登録日時
(Registration date)
2017年08月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年11月02日 00時30分
質問
(Question)
「キム・ホンド」と「シン・ユンボク」の画集があるか。二人とも18世紀後半頃の韓国の人である。漢字はわからない。
回答
(Answer)
お尋ねの「キム・ホンド」、「シン・ユンボク」はそれぞれ「金弘道」、「申潤福」と漢字表記されるようです。

商用データベース「日外e-レファレンス・ライブラリー」(〈「古代‐19世紀II」収録〉)に次のように記載されています。

「金弘道(キム ホンド)」の項に「朝鮮,李朝後期の図画署の専門画家。字は士能,号は檀園,丹邱,西湖,輒醉翁。李朝画家の第一人者。」とあります。
「申潤福(シン ユンボク)」の項に「朝鮮の画家。正祖から純祖の時代にかけて作品をのこした。」とあります。

以下に「金弘道」、「申潤福」の絵が掲載されている資料をご紹介します。

『韓国の春画 : 韓流文化のルーツ、ここにあり』(金 文学/編著
南々社, 2011.11)
p.13-37「第一章 恵園・申潤福(生没年不詳)の風俗画-李氏朝鮮後期編(1)」、p.39-53「第二章 檀園・金弘道(1745-1818年)の芸術的性画-李氏朝鮮後期編(2)」にそれぞれの絵が多数掲載されています。
なお、以下のページに「金弘道」、「申潤福」についての説明がありますのでご参考までご紹介します。
p.9-10「素朴画的な特徴」の項に「朝鮮後期の最も代表的な画家は、檀園(ダンウォン)・金弘道(キムホンド)(1745-1818)と恵園(ヘウォン)・申潤福(シンユンボク)(生没年不詳)である。すぐれた風俗画の業績を残した二人は、春画にも卓抜な作品を残した。」とあります。また、p.10-11「檀園・金弘道と恵園・申潤福の世界」という項では2人の画家についての記載があります。また、「最近テレビで放映されたドラマ「風の絵師」は風流画家金弘道と申潤福の生涯を題材としている。ドラマの中で申潤福は女性に設定されているが、実在の申は男性であった。」との記載があります。

『世界美術大全集 : 東洋編 第11巻』(小学館, 1999.12)
巻末索引でそれぞれの画家の掲載ページを確認できます。
p.448に「金弘道(きんこうどう)(Kim Hongdo, 1745-1816以後)」の項目があり、絵と解説の掲載ページが紹介されています。
なお、収録されている絵画のタイトルは次のとおりです。
「月下吹笙図」
「自画像」
「蕉園試茗図」
「徐直修肖像」
「書堂図」
「神仙図」
「西園雅集図屏風」
「南海観音図」
「馬上聴鶯図」
「布衣風流図」
「舞童図」
「老猊図」

p.449に「申潤福(しんじゅんぷく)(Sin Yunbok, 1758頃-1815頃)」の項目があり、絵と解説の掲載ページが紹介されています。
なお、収録されている絵画のタイトルは次のとおりです。
「琴扣図」
「月下情人図」
「松鷹図」
「深渓遊休図」
「船遊清江図」
「聴琴賞蓮図」
「美人図」
「野宴図」
「蓮塘女人図」

『国宝 : 韓国七〇〇〇年美術大系 巻10』(竹書房, 1985.1)
p.6-7「図版目録」があり、絵のタイトルと画家名、掲載ページを確認できます。
収録されている絵画のうち、画家名が「金弘道」と掲載されているタイトルは以下のとおりです。
「山水図」
「壇園図」
「群仙図屏風」(国宝139号)
「相撲(壇園風俗図帖)」(宝物527号)
「書堂(壇園風俗図帖)」(宝物527号)
「洗濯場(壇園風俗図帖)」(宝物527号)
「瓦上げ(壇園風俗図帖)」(宝物527号)
「脱穀(壇園風俗図帖)」(宝物527号)
「徐直修肖像」※金弘道・李命基の連名

収録されている絵画のうち、画家名が「申潤福」と掲載されているタイトルは以下のとおりです。
「春郊行楽図(蕙園風俗図帖)」(国宝135号)
「野宴図(蕙園風俗図帖)」(国宝135号)
「深渓遊沐図(蕙園風俗図帖)」(国宝135号)
「月下情人図(蕙園風俗図帖)」(国宝135号)
「美人図」

『韓国絵画史』(安 輝濬/著 ; 藤本 幸夫/訳 ; 吉田 宏志/訳
吉川弘文館, 1987.3)
p.16-24「図版目録」があり、絵のタイトルと画家名、当資料で振っている図の番号が確認できます。
収録されている絵画はいずれも白黒です。
なお、巻末の「人名索引」では画家名からそれぞれの解説の掲載ページを確認することもできます。

収録されている絵画のうち、画家名が「金弘道」と掲載されているタイトルは以下のとおりです。
「図93 猛虎図」※金弘道・姜世晃合作
「図107 武夷帰棹図」
「図116 群仙図 八曲屏風」
「図117 徐直修肖像」※金弘道・李命基合作
「図118 書堂図」
「図119 相撲図」

p.3「申潤福」の項目があり、絵と解説の掲載ページを確認できます。
収録されている絵画のうち画家名が「申潤福」と掲載されているタイトルは次のとおりです。
「図121 蓮塘野遊図」
「図122 美人図」
「図123 山水図」

『韓国美術五千年 朝鮮王朝絵画篇3』([韓国民俗文化芸術品海外普及会], [1981])
※閲覧には当館図書館カードが必要です。
収録されている絵画のうち、画家名が「壇園 金弘道」と掲載されているタイトルは以下のとおりです。
「竹裡弾琴図」
「九龍淵図」
「武夷歸棹図」
「浪鷗図」
「江岸夜泊図」
「仙人松下笙図」
「渡海衆仙」
「씨름(風俗書帖)」
「舞童(風俗書帖)」

収録されている絵画のうち画家名が「蕙園 申潤福」と掲載されているタイトルは次のとおりです。
「夜行(風俗書帖)」
「端午図(風俗書帖)」
「蓮塘의女人(風俗書帖)」
「船遊図(風俗書帖)」
「巫舞(風俗書帖)」
「山窮水盡(書帖)」
「할터(風俗書帖)」

『もうひとりの写楽 : 海を渡ってきた李朝絵師』(李 寧煕/著 河出書房新社, 1998.6)
金弘道と写楽について仮説を立て比較研究している資料です。口絵「金弘道筆 秋聲賦図 1805年」をはじめてとして、本文中にいくつかの絵画が掲載されています。ただしすべて写真は白黒です。
回答プロセス
(Answering process)
1. 商用データベース「日外e-レファレンス・ライブラリー」を“キム ホンド”、“シン ユンボク”で検索。漢字表記がそれぞれ「キム・ホンド」は「金弘道」、「シン・ユンボク」は「申潤福」であることを確認。

2. 資料1でも同様に漢字表記を確認。

3. 『東洋美術作品レファレンス事典』(日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 紀伊國屋書店(発売), 2008.12)を作者名索引p.739「金弘道」および「金壇園」p.744「申潤福」を参照し、資料2, 3, 4が見つかる。

4. 当館所蔵資料をフリーワード“金弘道”または“申潤福”で検索し、資料5, 6, 7が見つかる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
東洋画  (722 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0000731949>  外国人物レファレンス事典 -古代-19世紀- 6 索引 ア-ツ 日外アソシエーツ編集部/編 紀伊國屋書店(発売) 1999.3  (資料1)
当館書誌ID <0000775074>  世界美術大全集 -東洋編- 第11巻 朝鮮王朝  小学館 1999.12 9784096010617 (資料2)
当館書誌ID <0070090165>  国宝 -韓国七〇〇〇年美術大系- 巻10 絵画  竹書房 1985.1  (資料3)
当館書誌ID <0000187653>  韓国絵画史 安 輝濬/著 吉川弘文館 1987.3 9784642072199 (資料4)
当館書誌ID <0012392093>  韓国の春画 -韓流文化のルーツ、ここにあり- 金 文学/編著 南々社 2011.11 978-4-931524-89-7 (資料5)
当館書誌ID <0000681418>  もうひとりの写楽 -海を渡ってきた李朝絵師- 李 寧煕/著 河出書房新社 1998.6 9784309902777 (資料6)
当館書誌ID <0080270153>  韓国美術五千年 朝鮮王朝絵画篇3  [韓国民俗文化芸術品海外普及会] [1981]  (資料7)
キーワード
(Keywords)
キム
ホンド
ユン
シンボク
金弘道
申潤福
韓国
画集
李朝画家
檀園
丹邱
西湖
輒醉翁
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000220257解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!