このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000243990
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
2E18005291
事例作成日
(Creation date)
2014年12月22日登録日時
(Registration date)
2018年10月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年09月29日 00時30分
質問
(Question)
太平洋戦争後、民間貿易が再開された1947(昭和22)年から、サンフランシスコ講和条約が発効した1952(昭和27)年まで、日本からの輸出品には「MADE IN OCCUPIED JAPAN(メイド・イン・オキュパイド・ジャパン)」の刻印を付けるようGHQ(連合国最高司令官総司令部)から命じられていたそうだが、その法的根拠が示された資料を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に、法的根拠となる文書が掲載されていました。

「2014年3月研究会報告:MIOJ(Made In Occupied Japan 占領下日本製)のはなし 会員番号0022 高島鎮雄」AJCC(全日本クラシックカメラクラブ)年次総会 2014年3月研究発表 http://www.ajcc.gr.jp/takashima_houkoku_2014_04.pdf (2018.10.16確認)
1947年2月20日に発令された、SCAPIN1535「輸出品のマーキング」で、全ての輸出品向けに「Made in Occupied Japan(占領下日本製)」と表示するよう指令したことが書かれています。また、その後1949年12月5日のSCAPIN2061では、SCAPIN1535が廃止され、“Made in Occupied Japan”、“Made in Japan”もしくは、“Japan”の3種の表示が認められるようになったことが書かれています。

「SCAPIN」の正式名称は次のとおりです。
『GHQ指令総集成 1 SCAPIN 和訳 解説・事項索引』(エムティ出版 : 平凡社販売(発売), 1994.1)
p.(8)略号解説「SCAPIN」によると、「Scpreme Commander for the Allied Powers Index Numbers 連合国最高司令官索引番号」とあります。

次の当館所蔵資料にSCAPIN1535および2061の原文(英文)が収録されていました。
『GHQ指令総集成 10 SCAPIN 1501〜1740 原文(英文)』(エムティ出版,1993.12)p.3929
にSCAPIN1535が収録されています。
『GHQ指令総集成 15 SCAPIN 2051〜2204 原文(英文)』(エムティ出版,1993.12)p.6866
にSCAPIN2061が収録されています。

なお、上記SCAPIN1535とSCAPIN2061の全文(英文)は「国会図書館デジタルコレクション」でインターネット公開されています。
「SCAPIN-1535: MARKING OF EXPORT ARTICLES 1947/02/20」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/9886692 (2018.10.16確認)
「SCAPIN-2061: MARKING OF EXPORT ARTICLES 1949/12/05」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/9887516 (2018.10.16確認)

日本語訳は次の資料に掲載されています。
『日本管理法令研究』の17号と31号
当館では、17号が収録されている資料は所蔵していませんが、31号については
『[製本雑誌]-日本管理法令研究 28〜34号(合綴7冊)』(東京大学日本管理法令研究会,1949.12-1951.10)31号のp.65
に「六五八 輸出品の記號に關する覚書〔一〇八〇〕」として、SCAPIN2061本文の一部分の日本語訳が掲載されていました。
なお、『日本管理法令研究』の17号は、大阪府立中央図書館および国立国会図書館に所蔵があります。
回答プロセス
(Answering process)
1.サーチエンジン(google)で、キーワードを“Made in Occupied Japan”で、google検索オプションでファイル形式を“Adobe Acrobat PDF(.pdf)”にして検索。資料1が見つかる。

2.当館所蔵検索で、キーワードを“GHQ指令”דSCAPIN”で検索。「SCAPIN1535」および「SCAPIN2061」が収録されている資料2と3が見つかる。

3.「国立国会図書館デジタルコレクション」 http://dl.ndl.go.jp/ (2018.10.16確認) で、キーワードを“SCAPIN-1535”および“SCAPIN-2061”で検索。資料4と5が見つかる。

4.資料2と3の同シリーズ資料6に「SCAPIN 和訳 解説・事項索引」とあることから、SCAPIN1535とSCAPIN2061の項目を確認、資料7が見つかる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
貿易  (678 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0000376818>  GHQ指令総集成 10 SCAPIN 1501〜1740 原文(英文)  エムティ出版 1993.12  (資料2)
当館書誌ID <0000376823>  GHQ指令総集成 15 SCAPIN 2051〜2204 原文(英文)  エムティ出版 1993.12  (資料3)
当館書誌ID <0000376799>  GHQ指令総集成 1 SCAPIN 和訳 解説・事項索引  エムティ出版 1994.1  (資料6)
当館書誌ID <0080303607>  日本管理法令研究 28〜34号  東京大学日本管理法令研究会 1949.12-1951.10  (資料7)
「2014年3月研究会報告:MIOJ(Made In Occupied Japan 占領下日本製)のはなし 会員番号0022 高島鎮雄」  http://www.ajcc.gr.jp/takashima_houkoku_2014_04.pdf  (2018.10.16確認)(資料1)
SCAPIN-1535: MARKING OF EXPORT ARTICLES 1947/02/20  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/9886692  (2018.10.16確認)(資料4)
SCAPIN-2061: MARKING OF EXPORT ARTICLES 1949/12/05  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/9887516  (2018.10.16確認)(資料5)
キーワード
(Keywords)
MADE IN OCCUPIED JAPAN
メイド・イン・オキュパイド・ジャパン
貿易
輸出品
GHQ
SCAPIN
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
ビジネス
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000243990解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!