このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
一般社団法人全国銀行協会銀行図書館 (4210005)管理番号
(Control number)
2012-10
事例作成日
(Creation date)
2012年11月22日登録日時
(Registration date)
2012年11月22日 13時35分更新日時
(Last update)
2012年11月22日 13時35分
質問
(Question)
「会社四季報」の株主欄を見ると、「日本トラスティ信託口」「日本マスター信託口」「オムニバスアカウントトリーティー」など、昔は見かけなかった名前が散見されるのだが、これらは一体何か。
回答
(Answer)
以下のとおり回答した。

以下の新聞記事に、「信託口」とは複数の投資家が資金を出して株式を買う投資手法で、名簿上の株主と実質的な株主が異なることが多い、といった記述があることを紹介した。
・「名簿上は銀行名義:『本当の株主』調べて安心:敵対買収に備え、実施企業が増加」(東京読売新聞、2005.8.23 p.23)
・「信託各行、証券代行ビジネスを拡充:株主判明調査や助言業務」(日経速報ニュースアーカイブ、2008.6.18)
・「保有株式、年金運用分など別名義:信託各行、議決権行使にらむ」(日経金融新聞、98.7.23 p.3)

「オムニバスアカウントトリーティー」は中国政府系ファンドであることを伝え、以下の関連記事を紹介した。
・「独自集計! 269社に3兆円以上 純投資か経営権奪取か中国ファンドの日本買い」(東洋経済、2012.1.14 p.76-78)
・「株式市場透視眼鏡 存在感を増すアジアマネー 特に中国政府系資金に注目を」(ダイヤモンド、2011.8.6 p.21)
・「中国系ファンド 日本株34銘柄6000億円超を保有 『オムニバス・チャイナ』の狙い」(エコノミスト、2010.7.27 p.12-13)
・「ニッポン大株主の正体 気がつけば中国マネーが存在感」(日経ヴェリタス、2011.1.30-2.5)

そのほか、運用会社の概要については「投資運用会社要覧」(日本証券投資顧問業協会)も参考になることを伝えた。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
取引所  (676)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000114579解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!