このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-R1-013
事例作成日
(Creation date)
2019年08月27日登録日時
(Registration date)
2019年08月28日 18時37分更新日時
(Last update)
2020年10月02日 13時12分
質問
(Question)
日本の古代・中世の金・銀・銅の産出量を知りたい。
回答
(Answer)
雑誌記事の情報を提供した。
概数ではあるが、以下の事がわかった。
・金・銀については、奈良~室町時代(710‐1467)金の産出量 30t(年平均40㎏) 銀の産出量10t(年平均13㎏)
・銅については、弥生・古墳時代の銅使用量は推定100tに満たない量、奈良時代 推定1000t、平安時代の総数は記述ないが、皇朝十二銭には約400tの銅が使用された。また、1183年(寿永2年)の東大寺大仏の補修には、熟銅(精錬銅)8.4万斤(50t)が使われた。
回答プロセス
(Answering process)
・自館OPACにてキーワード“キンゾク レキシ”で検索する。
 『金属と日本人の歴史』 桶谷繁雄/著 講談社 2006 【s24464844 B560.21】
 『金・銀・銅の日本史』 村上隆/著 岩波書店 2007 【s31908619 S210.1】
どちらも金銀銅の歴史、当時の精錬法、成分等の記述はあったが、具体的な産出量についてはなかった。
 
・インターネット検索エンジンGoogleにてキーワード“日本 古代 金 産出量”で検索する。
 以下のPDFがヒットする。それぞれの表題を国立国会図書館NDL-OPACで検索し、掲載誌名を特定した。

 ①「金属を通して歴史を観る 4.金属生産量の歴史(3)金銀」 新井宏(日本金属工業(株)常務取締役)/著 
   掲載誌: バウンダリー : 材料開発ジャーナル/コンパス社 [編] 15(3) (通号 167) 1999.03 p.35‐39
   奈良~室町時代(710‐1467)金の産出量 30t(年平均40㎏) 銀の産出量10t(年平均13㎏)とあり。
 ②「我が国の銅の需給状況の歴史と変遷 歴史シリーズ―銅(2)」 金属資源開発調査企画グループ/編
   掲載誌:金属資源レポート / 石油天然ガス・金属鉱物資源機構金属資源開発本部金属企画調査部 編 35(3) (通号 350) 2005.9 p.434‐454
   弥生・古墳時代の銅使用量は推定100tに満たない量
   奈良時代 推定1000t、平安時代の総数は記述ないが、皇朝十二銭には約400tの銅が使用された。また、1183年(寿永2年)の東大寺大仏の補修には、熟銅(精錬銅)8.4万斤(50t)が使われたとあり。

注:【 】は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
金属工学.鉱山工学  (560 9版)
参考資料
(Reference materials)
『金属と日本人の歴史』 桶谷繁雄/著 講談社 2006
『金・銀・銅の日本史』 村上隆/著 岩波書店 2007
キーワード
(Keywords)
金属
産出量
金銀銅
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000260568解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!