このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図2019108
事例作成日
(Creation date)
2019年02月08日登録日時
(Registration date)
2019年04月13日 11時12分更新日時
(Last update)
2020年08月13日 16時42分
質問
(Question)
四斤山砲とはどんな大砲か,図が見たい。
回答
(Answer)
  『武器と防具 幕末編』幕末軍事史研究会/著,新紀元社,2008【559/92フ/2】
   p.90-92 仏式四斤山砲
    「四斤の「斤」は、尺貫法では1斤=600gを指すが、この場合は生産国のフランスに合わせ1斤=1kgを指す。つまり、榴弾の全備重量(略)が4kgであることを表している。」
    p.92に四斤山砲と四斤榴弾の図あり。
   このほか,巻末索引「仏式四斤山砲」より,次の記述あり。
   p.203 弥助砲
    「弥助砲とは、薩摩藩出身の大山巌(弥助)が(略)考案した火砲の総称である。いわゆる弥助砲は(略)十二斤綫臼砲と長四斤山砲に大別される。」
    「長四斤山砲は、幕末に輸入されたフランス式の四斤山砲と同野砲の中巻をいく、独特の野戦砲である。」


  『日本の大砲』竹内昭,佐山二郎/共著,出版協同社,1986【559.1/86タ】
   p.69-70 四斤山砲
    写真の掲載あり。

 このほか,次の資料を調査したが,関連記述なし。

 『世界銃砲史 下』岩堂憲人/著,国書刊行会,1995【559.1/95イ/2】
  p.613-634 鎖国から幕末へ 林子平,佐藤信淵の国防論とエトロフ島事件,フェートン号事件
  p.635-672 西欧砲術への覚醒 高島秋帆の軍事学と開国
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
兵器.軍事工学  (559 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
四斤山砲
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000254980解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!