このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-19-108
事例作成日
(Creation date)
2018年9月25日登録日時
(Registration date)
2020年03月26日 11時32分更新日時
(Last update)
2020年03月28日 09時21分
質問
(Question)
誰も語らなかった防衛産業』という本に飯田市にある多摩川精機ではモーターの部品を手作りしているという記載があるが、なぜ職人が手作りしないといけないのか知りたい。
回答
(Answer)
1 『誰も語らなかった防衛産業』を確認すると、p.160-162に、自動車の場合は同じ作業を機械で行っても全く問題がないが、防衛装備品の場合には機械ではできない技が必要だと記載がある。またちょっとした力の入れ加減で精度が変わるといい、これを習得するには長い時間がかかる、まさに熟練の「匠の技」であるという記載がある。
2 「信濃毎日新聞」2015(平成27)年10月30日(金)朝刊22ページ 飯伊2面 見出し:「15信州の名工・南進地方=電動機応用製品組立工 宮地優子さん手仕事の技術を伝承」に、宇宙機器のモーターなどの巻き線作業に携わったとあり、受注するモーターは少量多品種であることや、「機械は応用が利かないので、多品種になると人の手が大事。職場の技術伝承を進めていく」と意気込むと記載がある。
3 「信濃毎日新聞」1998(平成10)年2月9日(月)夕刊8ページ 夕特1面 見出し:「<1998年長野五輪>特集 信州の企業(2)=多摩川精機 大手が手だせぬ技術追及」に「航空、宇宙、産業用、原子力、防衛関係などへの分野への納品が多かった。これらの製品は価格より高い信頼性や精密さが要求され、一品生産的な性格が強い。」とある。
回答プロセス
(Answering process)
1 『誰も語らなかった防衛産業』を確認する。
2 当館のオンライン蔵書目録でキーワード「多摩川精機」で検索、ヒットした資料を見るが回答につながる記載は確認できない。
3 信濃毎日新聞データベースで「多摩川精機 巻き線」で検索、ヒットした記事を確認する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
電気機器  (542 10版)
企業.経営  (335 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
巻き線
モーター
信州学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000279581解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!