このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000253163
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図-1470
事例作成日
(Creation date)
2018年10月24日登録日時
(Registration date)
2019年03月16日 16時31分更新日時
(Last update)
2019年04月23日 12時43分
質問
(Question)
脳梗塞ではなく、小脳梗塞について書いてあるものがないか。できれば、リハビリや治療の仕方について書いてあるものが読みたい。
回答
(Answer)
『標準・傷病名事典 ver.2.0』医学通信社 2009
P325 小脳梗塞
「小脳に生じた梗塞で、その支配動脈により、下面と扁桃を含む病変は後下小脳動脈、中小脳脚を含む病変は前下小脳動脈、上面は条小脳動脈の閉塞による。ただし小脳の分布はバリエーションが大きく、必ずしもきれいに分けられない場合がある。また椎骨動脈の狭窄・閉塞による血栓症の場合、血行力学的機序により、上記領域の分水界域に梗塞を生じる場合もある。」
リハビリや治療についての説明はなし。

『脳血管障害 (最新内科学大系 第66巻 神経・筋疾患 2)』中山書店, 1996
P147 小脳梗塞
「小脳は、上小脳動脈、前下小脳動脈、後下小脳動脈から血流を受けており、そのいずれかの閉塞によって小脳半球の梗塞を生じる.めまい、嘔吐、運動失調を主症状とする.塞栓による場合が比較的多い(30〜50%).梗塞巣が大きくない場合はほとんど後遺症なく治癒しうるが、病変が大きい場合には、脳幹部を圧迫し、生命の危険を伴うため、緊急に外科的手術を要する.上小脳動脈閉塞の場合、運動失調の後遺症を残すことが多い.」
リハビリについては記述なし。

『脳・神経(病気がみえる vol.7) 第2版』メディックメディア 2017
P102 小脳梗塞
1ページ使って病気の説明から、症状、画像診断などの説明あり。治療についても記述はあるがリハビリについては記述なし。
上の2冊よりも情報が多く、図が入っているのでわかりやすい。
回答プロセス
(Answering process)
以下の資料も調べたが記述はなかった。

『脳神経ペディア : カラー図解 : 「解剖」と「機能」が見える・つながる事典』羊土社 2017
『メルクマニュアル医学百科 : 最新家庭版』日経BP社, 2004
『脳・神経疾患(Nursing selection 6)』学習研究社, 2002
『医学生物学大辞典 さ〜と 第2巻』 メヂカルフレンド社, 1983
『医科学大事典 22 (しようかかん~しようほ)』 講談社, 1982
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
医学  (490 8版)
臨床医学.診断.治療  (492 8版)
参考資料
(Reference materials)
寺島裕夫 編著. 『標準・傷病名事典 ver.2.0』. 医学通信社, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010673222-00 , ISBN 9784870584068 (自館ID PV:7200168703 492=N9=)
井村裕夫 [ほか]編 . 『神経・筋疾患 2 (脳血管障害)』. 中山書店, 1996. (最新内科学大系 ; 第66巻)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002505203-00 , ISBN 4521407110 (自館ID PV:6000036408 4908=M0=66)
医療情報科学研究所 編集 , 『医療情報科学研究所. 病気がみえる vol.7 第2版』. メディックメディア, 2017.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028594652-00 , ISBN 9784896326864 (自館ID PV:7200562784 492=P7=7)
渡辺雅彦 著 . 『脳神経ペディア : カラー図解 : 「解剖」と「機能」が見える・つながる事典』. 羊土社, 2017.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028342062-00 , ISBN 9784758120821 (自館ID PV:7200539253 4913=P7=)
マーク・H.ビアーズ 英語版編集長 , 福島雅典 日本語版総監修/監訳 , 日経BP社医療情報開発, 日経メディカル 編 , Beers, Mark H. 『メルクマニュアル医学百科 : 最新家庭版』. 日経BP社, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007378292-00 , ISBN 4822211169 (自館ID PV:7000230650 4903=N4=)
関野宏明, 陣田泰子 監修 .『脳・神経疾患』. 学習研究社, 2002. (Nursing selection ; 6)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004211746-00 , ISBN 4051521524 (自館ID PV:7000105692 4929=N3=6)
アレクサンドル マニュイラ ほか編 . 『医学生物学大辞典 : さ〜と 第2巻』. メヂカルフレンド社, 1983.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I025147437-00  (自館ID PV:6000013829 4903=L3=2)
『医科学大事典 22 (しようかかん~しようほ)』. 講談社, 1982.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001594691-00 , ISBN 4061478222 (自館ID PV:0000623830 4903=L3=22)
キーワード
(Keywords)
小脳梗塞
病気
治療
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000253163解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!