このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000156359
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B140615121238
事例作成日
(Creation date)
2014/6/25登録日時
(Registration date)
2014年07月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年07月23日 13時28分
質問
(Question)
ドイツの化学者Noddack Walter(ノダック・ヴァルター)(1893.8.17~1960.12.7)が提唱した「元素遍在説」について記述がある資料があれば紹介してください。
回答
(Answer)
お問い合わせの事項について調査したところ、「元素遍在説」と同一の事項を示すとみられる、Walter Noddackによる言説について記載されている当館所蔵資料(1)が見つかりましたのでご紹介します。
なお、資料(1)によると、当該言説はW. Noddack及びI. Noddackの2人により提案されたようです。この情報に基づいて調査したところ、「元素遍在説」と同一の事項を示すとみられる言説について、I. Noddackによるものとして記載されている当館所蔵資料(2)、(3)が見つかりましたのでご紹介します。
また、「元素遍在説」と同一の事項を示すとみられる「allgegenwartskonzentration」についての記載がある当館所蔵の英語資料(4)、(5)が見つかりましたので、参考までにご紹介します。
また、「元素遍在説」について書かれたとみられる、I. Noddack自身による当館所蔵のドイツ語文献(6)が見つかりましたので、参考までにご紹介します。


(1)
タイトル:法則の辞典
責任表示:山崎昶 編著
出版者:朝倉書店
出版年月:2006.9
当館請求記号:M2-H106

pp.116-117に「元素普存律」についての記載があります。「元素遍在説」という記載はありませんが「ノダック夫妻(W. Noddack,I. Noddack(旧姓Tacke))の提案したものである.」(p.117)と記載されています。
なお、資料(1)の当該部分の内容は、朝日新聞社が運営するデータベース「kotobank」( http://kotobank.jp/ )においても公開されています。本文は以下のURLから見ることができます。
http://kotobank.jp/word/ 元素普存律


(2)
論題:生物・岩石および金属における元素組成の規則性:元素普存説
著者:原田武夫
雑誌名:日本海水学会誌
出版者:日本海水学会
巻号・年月:38(5) 1985.1
ページ:291-299
ISSN:0369-4550
当館請求記号:Z15-47
*国立国会図書館デジタルコレクション( http://dl.ndl.go.jp/ )国立国会図書館館内限定公開資料

p.295 に「4. 元素普存説」という節があります。「元素遍在説」という記載はありませんが、「Noddackは,発光分析法を使って600種類の岩石を分析し,1936年に元素普存説 27)を提案し,定性的に岩石中にすべての元素が存在するとした.」(p.295)と記載されています。
なお、資料(2)の全文は科学技術振興機構が運営するデータベース「J-Stage」( https://www.jstage.jst.go.jp/ )においても公開されています。本文は以下のURLから見ることができます。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/swsj1965/38/5/38_291/_article/-char/ja/


(3)
論題:元素の組成からみた地球と生物:拡張元素普存説と全元素分析
著者:原口紘?
雑誌名:現代化学
出版者:東京化学同人
巻号・年月:352 2000.7
ページ:16-22
ISSN:0386-961X
当館請求記号:Z17-646
*国立国会図書館デジタルコレクション( http://dl.ndl.go.jp/ )国立国会図書館館内限定公開資料

p.16-18 に「1個の岩石にはすべての元素が含まれる:元素普存説」という節があります。「元素遍在説」という記載はありませんが「1936年ドイツの地球化学者 I. E. Noddackは「元素普存説」(All present theory of the elements)を提唱した(文献1).」(p.18)と記載されています。


(4)
タイトル:Biographical encyclopedia of scientists
責任表示:edited by John Daintith.
出版者:CRC Press
版表示:3rd ed.
出版年月:c2009
当館請求記号:M12-B10

pp.566の「Noddack, Walter」の項に「allgegenwartskonzentration」についての記載があります。
なお、資料(4)の当該部分の内容は、Oxford University Pressが運営するデータベース「Oxford Index」( http://oxfordindex.oup.com/ )においても公開されています。本文は以下のURLから見ることができます。
http://oxfordindex.oup.com/view/10.1093/oi/authority.20110803100236385


(5)
タイトル:Dictionary of scientific biography
責任表示:Charles Coulston Gillispie, editor-in-chief
出版者:Scribner
出版年月:1970-
当館請求記号:M12-14

第10巻、pp.136の「NODDACK, WALTER」の項に「allgegenwartskonzentration ("omnipresent concentration")」についての記載があります。


(6)
論題:Uber die Allgegenwart der chemischen Elemente
著者:Ida Noddack
雑誌名:Angewandte Chemie
出版者:VCH
巻号・年月:49(47) 1936.11
ページ:835-841
ISSN:0044-8249
当館請求記号:Z53-A485

資料(2)で参考文献「27)」として、また資料(3)で「文献1」として挙げられている文献です。


[その他の調査済み資料・データベース](【 】内は当館請求記号です。)
・Ida Noddack and Walter Noddack「Die Haufigkeit der chemischen Elemente」(『Naturwissenschaften』 18(35) 1930.8 pp.757-764 【Z53-A31】)
・Ida Noddack and Walter Noddack「Herkunftsuntersuchungen」(『Angewandte Chemie』 47(37) 1934.9 pp.637-641 【Z53-A485】)
・NDL-OPAC( https://ndlopac.ndl.go.jp/
・国立国会図書館サーチ( http://iss.ndl.go.jp/
・国立国会図書館デジタルコレクション( http://dl.ndl.go.jp/
・Chemical Abstracts Web Edition [当館契約データベース]
・JapanKnowledge Lib [当館契約データベース]
・JDreamⅢ [当館契約データベース]
・Web of Science [当館契約データベース]
・CiNii Articles( http://ci.nii.ac.jp/
・CiNii Books( http://ci.nii.ac.jp/books/
・J-GLOBAL( http://jglobal.jst.go.jp/
・J-STAGE( http://www.jstage.jst.go.jp/

インターネット・データベースの最終アクセス日は2014年6月20日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
物理化学.理論化学  (431 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
元素遍在説
Noddack Walter
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000156359解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!