このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000257361
提供館
(Library)
一宮市立図書館 (2310284)管理番号
(Control number)
0-1-20151126-1
事例作成日
(Creation date)
2015年11月28日登録日時
(Registration date)
2019年06月12日 19時49分更新日時
(Last update)
2019年06月23日 09時17分
質問
(Question)
高校生でもわかる「守秘義務」について書かれている本があるか。個人情報保護法とは違ったもので、医療従事者の事例が載っているものもあれば見たい。
回答
(Answer)
①守秘義務について(法律・定義など)
『日本大百科全書 11』 R031/96/11 小学館 1986年 p.697
→「守秘義務」についての詳細な内容の他、著名な判例の記載もあり。
『新自治用語辞典 改訂版』 R318.0/シン ぎょうせい 2012年 p.452
→関連する法の解釈や秘密の定義など記載あり。

②医療における守秘義務について(倫理や判例・取り扱う情報など)
『看護の倫理資料集』 492/カ 丸善 2004年 p.140
→p.140 記載あり。
『個人情報保護法 新訂版』 316/オ 商事法務 2009年 p.464~491
→医療分野で取り扱われる個人情報についてまとめられている。
回答プロセス
(Answering process)
〇『個人情報流出のすべて』 316/ミ 三井優 2000年
『医療倫理』 490/イ 浅井篤 2002年 
上記の2点は事前に本人が借用。

●図書館資料
『判例時報 平成24年9月21日号 No.2156』 判例時報社 2012年9月
→p.141  医師の秘密漏示罪の成否について
『医事法判例百選 第2版』 302/144/219 有斐閣 p.52~p.58
→*上記の 『判例時報 平成24年9月21日号 No.2156』 と同じ内容

●インターネット検索
日本医師会のHPにて「医師の守秘義務について」
http://www.med.or.jp/doctor/member/kiso/d12.html
にわかりやすくまとめられているため、参考にしつつ資料を確認するとわかりやすい。
事前調査事項
(Preliminary research)
〇「守秘義務」についての確認のため以下の資料を確認。
『日本大百科全書 11』 R031/96/11 p.697「守秘義務」
NDC
国家と個人.宗教.民族  (316 9版)
医学  (490 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
守秘義務
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 書誌的事項調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000257361解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!