このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢富岡-2014-009
事例作成日
(Creation date)
2013/07/02登録日時
(Registration date)
2015年02月14日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年02月18日 10時22分
質問
(Question)
埼玉県所沢市にある「富岡」の地名の由来について書かれたものを探している。
回答
(Answer)
富岡地区は所沢市の北方に位置しており、現在は北中、岩岡町、北岩岡、所沢新町、神米金、中富、下富の地区で構成されています。
地名は、明治21年に町村制が公布されたのを受け、明治22年に町村合併が行われた際、中富、下富の「富」と北岩岡の「岡」を取って命名されたことに由来します。
以下の資料に記述が見られます。
 〇『ところざわ歴史物語』 所沢市教育委員会/編 所沢市教育委員会 2006年
 〇『所沢市史 下』 所沢市史編さん委員会/編 所沢市役所 1992年
 〇『所沢市史 地誌』 所沢市史編纂委員会/編 所沢市 1980年
 〇『角川日本地名大辞典 11』 「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1980年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『ところざわ歴史物語』 所沢市教育委員会/編 所沢市教育委員会 2006年
  p185 「富岡地区の歴史」に、富岡の地名の由来あり。「明治22年の合併時に、中富・下富の「富」と北岩岡の「岡」をとって命名された。」と記述あり。
 〇『所沢市史 下』 所沢市史編さん委員会/編 所沢市役所 1992年
  p152 「新町村の誕生」の項に、「富岡村は「合併村中ノ名称ヲ折衷」したから、中下富村の「富」と、北岩岡村の「岡」を合わせたものである。」と記述あり。
 △『とみおか』  富岡公民館40周年記念実行委員会 所沢市教育委員会 1996年
  p8 明治22年に富岡村が誕生した際の地区の一覧が記載されている。
 
2.後日調査の結果、以下の資料にも、地名の由来に関する記述を確認することができた。
 〇『所沢市史 地誌』 所沢市史編纂委員会/編 所沢市 1980年
  p42 「所沢の地名」の項に、「富岡村=合併関係村中、大村に属する中・下富村と北岩岡村の名称を折衷。」と記述あり。
 〇『角川日本地名大辞典 11』 「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1980年
  p597 「とみおかむら 富岡村<所沢市>」の項に、「明治22年~昭和18年の入間郡の自治体名。-(中略)ー村名は合併各村のうち、中富・下富・北岩岡各村の合併地名による。」と記述あり。
 △『所沢市史-近代史料Ⅰ-』 所沢市史編纂委員会/編 所沢市 1982年
  p572 「明治二十一年 町村分合新村名選定につき答申書」に富岡村あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
日本  (291 9版)
社会教育  (379 9版)
参考資料
(Reference materials)
所沢市史 地誌 所沢市史編纂委員会/編 所沢市 1980.3 213.4
ところざわ歴史物語 所沢市教育委員会/編 所沢市教育委員会 2006.3 213.4
角川日本地名大辞典 11 「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1980.7 291.033
所沢市史 下 所沢市史編さん委員会/編 所沢市役所 1992.11 213.4
キーワード
(Keywords)
富岡
三富
所沢
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000167657解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!