このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢富岡-2021-002
事例作成日
(Creation date)
2020/06/09登録日時
(Registration date)
2021年05月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年05月29日 11時00分
質問
(Question)
鎌倉時代に日本で「オーロラ」が見えたと聞いたが、その記録が見たい。可能であれば、なぜ「オーロラ」であると判断されたのか説明している本が良い。
回答
(Answer)
 「オーロラの特性を捉えた記述になっている」ことや、「同時期の中国の史書『宋史』に巨大な太陽黒点出現の記録がある」ことから、『明月記』および『御室相承記』にある、建仁四年正月(一二〇四年二月)の記録が、「オーロラ」を記したものだと考えられています。
 
以下の資料に記載があります。
 〇『オーロラの日本史』 岩橋清美/著 平凡社 2019年
 〇『デジタルアーカイブ・ベーシックス 3』 勉誠出版 2020年
 〇『日本に現れたオーロラの謎』 片岡龍峰/著 化学同人 2020年
 〇『定家『明月記』の物語』 稲村榮一/著 ミネルヴァ書房 2019年
  
また、以下のホームページにも記載があります。
 「国立極地研究所」ホームページ
回答プロセス
(Answering process)
1.市内所蔵資料の内容を確認する
 〇『オーロラの日本史』 岩橋清美/著 平凡社 2019年
  p.31~34 「2 建仁四年のオーロラ」の項目あり。
  p.31 「定家が四十三歳のとき、建仁四年正月十九日(一二〇四年二月二十一日)の日記に以下のような記述がある(図10)。秉燭以後、北ならび艮(うしとら)の方に赤気あり。その根は月の出で方の如し。色は白明にして、その筋遥かに引き、焼亡の遠光の如し。(以下略)」との記載あり。
  p.32 「『明月記』によれば、赤気は同年一月二十三日の夜にも北および北東の空に現れている」、「この建仁四年正月のオーロラは、『明月記』だけではなく、『御室相承記』にも記されている。そこには「正月十九日戌の刻、赤気白気交わる」、「廿日同前」、「廿一日また、同じ」とあり、オーロラは三日間、連続して出現していた。」との記載あり。
  p.33 「『明月記』をめくると、元久元年十二月二十九日(一二〇五年一月二十日)にも赤気の記述がある。そこには、「東方に赤気あり、亥の刻ばかり地震、元歴に及ばずと言えどもなお大地震なり、かくの如きこと毎度不吉か、恐るべし」と記されている。(中略)この赤気の記録は中国や朝鮮の記録にはないので、オーロラかどうかについては検討を要する」との記載あり。
  p.35~38 「3 赤気をめぐる人々の反応と対応」の項目あり。
  p.35 「赤気発生時の人々の対応を仁治二年二月四日(一二四一年三月十七日)の赤気を事例に見ていこう。『吾妻鏡』巻三十四に以下のような記述がある(図12)。
  四日 壬戌 晴くもり。戌の剋[刻]に、白赤の気三条(みすじ)出現す。(以下略)」
  ※p.37 「この赤気と白気が現れたり消えたりするという表現は、オーロラの特徴を示しているように思われる。」との記載あり
 △『オーロラの本』 田中達也/[撮影] 学研 2004年
 ×『天変の解読者たち』 作花一志/著 恒星社厚生閣 2013年
  
2.後日調査の追加事項
 〇『デジタルアーカイブ・ベーシックス 3』 勉誠出版 2020年
  p.175~194 「第8章 異分野融合で切り拓く歴史的オーロラ研究」(岩橋清美/著)の項目があり、以下の記載あり。
  p.180 「オーロラの確定には、(1)離れた2箇所以上の場所での観測記録があること、(2)発生時間は20時から翌日の2時まで、(3)色は赤色、(4)発生方向は北ないしは北東である、の4点を満たしていることが必要となる」との記載あり。史料1として『明月記』のオーロラの特性を記述した原文を紹介している。
  p.180-181 「史料1で注目されるのは(中略)オーロラの特性を捉えた記述になっている。さらに、同時期の中国の史書『宋史』に巨大な太陽黒点出現の記録があるので、これらの情報をあわせると、オーロラとして特定することができる」との記載あり。
 〇『日本に現れたオーロラの謎』 片岡龍峰/著 化学同人 2020年
  p.13~43 「第1章 『明月記』の赤気の謎」の項目あり。
 〇『定家『明月記』の物語』 稲村榮一/著 ミネルヴァ書房 2019年
  p.25~30 「3 世界が驚いた天文記録」の項目あり。
 ×『オーロラの話をしましょう』 赤祖父俊一/著 誠文堂新光社 2018年 
 ×『オーロラ!』 片岡龍峰/著 岩波書店 2015年 
 ×『オーロラ宇宙の渚をさぐる』 上出洋介/著 KADOKAWA 2013年
 
 (引用元の資料) ※オーロラであるとの記載は見当たらない
 △『明月記 第1』 藤原定家/著 国書刊行会 1985年
  p.356 (元久元年二月)「十九日」および「廿一日」の項目あり。
  p.397 (元久元年十二月)「廿九日丁丑」の項目あり。
 △『明月記 第2』 藤原定家/著 国書刊行会 1985年
  p.563 (嘉禄二年十二月)「廿九日庚戌晦」の項目あり。 
 △『現代語訳吾妻鏡 11』 五味文彦/編 本郷和人/編 西田友広/編 吉川弘文館 2012年
  p.109~110 「二月大 四日」の項目あり。
 
3.インターネット上の情報を調べる
 〇「国立極地研究所ホームページ」
 【 https://www.nipr.ac.jp/info/notice/20170321.html
 「『明月記』と『宋史』の記述から、平安・鎌倉時代における連発巨大磁気嵐の発生パターンを解明(2017年3月21日)」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
情報学.情報科学  (007 9版)
気象学  (451 9版)
日記.書簡.紀行  (915 9版)
参考資料
(Reference materials)
オーロラの日本史 岩橋清美/著 平凡社 2019.3 451.75 978-4-582-36458-3
デジタルアーカイブ・ベーシックス 3 勉誠出版 2020.4 007.5 978-4-585-20283-7
日本に現れたオーロラの謎 片岡龍峰/著 化学同人 2020.10 451.75 978-4-7598-1687-7
定家『明月記』の物語 稲村榮一/著 ミネルヴァ書房 2019.11 915.49 978-4-623-08327-5
「国立極地研究所」 『明月記』と『宋史』の記述から、平安・鎌倉時代における連発巨大磁気嵐の発生パターンを解明 https://www.nipr.ac.jp/info/notice/20170321.html 2021/5/16
キーワード
(Keywords)
オーロラ
藤原定家
明月記
御室相承記
吾妻鏡
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000299460解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!