このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央ー1-00924
事例作成日
(Creation date)
2015年03月30日登録日時
(Registration date)
2015年07月28日 14時57分更新日時
(Last update)
2015年08月12日 10時12分
質問
(Question)
『天経或問』の解説が書かれた資料や、現代語訳を探している。
回答
(Answer)
『天経或問』の現代語訳は探すことができなかったので、『天経或問』を解説した以下の論文や図書を紹介した。

論文
(1)上田 晴彦「『夜篭雑談話』における天文数値及び挿絵に関する調査研究」
秋田大学教育文化学部研究紀要. 自然科学 67, 17-24, 2012-03 秋田大学
p20~21 C 游子六の『天経或問』
『天経或問』について簡単に説明している。“天経或問の現代語訳はないが、原本が東北大学デジタルコレクション「和算資料データベース」で閲覧できる”との記述あり。

※東北大学デジタルコレクションのウェブサイトで、検索キーワード「天経或問」で検索すると、『天経或問』『天経或問註解』『校正天経或問』など、「天経或問」に関する資料が閲覧できる。

(2)吉田 忠「『天経或問』の受容」
科学史研究. 第II期 科学史研究. 第II期 24(156), 215-224, 1986-02-14 日本科学史学会
『天経或問』の内容や、日本での普及の状況などについて論じている。

(3)渡邊 敏夫「天經或問と江戶時代中期の天文學」
天界 = The heavens 21(241), 208-212, 1941-06-01

図書
(4)『江戸時代における「科学的自然観」の研究』藤原暹/著 富士短期大学出版部 1966
第一章 天主教系天文学書『天経或問』とその受容 p12 ~
第一節 『天経或問』の記述内容・性格 p14 ~
第二節 『天経或問』の受容過程 p24 ~

(5)『日本人の宇宙観 飛鳥から現代まで』荒川 紘/著 紀伊国屋書店 2001.10
p194~195 『天経或問』の伝来
伝来や内容等を簡単に解説している。

(6)『日本の暦と和算 図説江戸の暮らしを支えた先人の知恵!』中村 士/監修 青春出版社 2012.9
p88~91 江戸の暦学者 改暦の原動力となった『天経或問』と民間の研究
 p90~91に簡単な解説あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
時法.暦学  (449)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000177798解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!