このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 17-0062
事例作成日
(Creation date)
2017/03/01登録日時
(Registration date)
2018年01月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年01月27日 00時30分
質問
(Question)
紳士服(スーツ)の仕立て方が載っているもの。流行は問わない。

◆調査済みの資料
「クライ・ムキのメンズジャケットカタログ」 文化出版社 2002年 は、当館所蔵で、質問者が借りています。
回答
(Answer)
昭和20年代に発行された、「背広の縫い方」が掲載されている本であれば何点か所蔵あり。

◆「文化服装講座 男子服篇」 染葉 秋宏著 文化服装学院出版局 1952
 第八章 縫方 の第七項に「折衿背広の縫方」あり
◆「男子服独習書」 染葉秋宏著 主婦之友社 1951
 「標準型の背広三つ揃い」「ダブル仕立のドレーブ型背広服」などあり

など。
男性向きの服の縫い方について詳しいが、実物大の型紙はなく、ほとんど文章のみの解説(あったとしても図)であるため、これらの図書を参考に紳士服を仕立てるのは難しいと思われる。

比較的新しいもので、類似の図書
◆「男のコートの本 」 嶋崎隆一郎著 文化出版局 2008
スーツではなくコートの作り方。サイズ別の実物大パターン付。

当館未所蔵のため内容は確認できないが、掲載されていると思われるもの
◆「文化ファッション大系 服飾造形講座9 メンズウェア1」 文化服飾学院編 文化出版局 2005
◆「文化ファッション大系 服飾造形講座10 メンズウェア2」 文化服飾学院編 文化学園文化出版社 2010
メンズウェア1が「体型・シャツ・パンツ」、2が「ジャケット・ベスト」の内容となっている。
アマゾンのレビューを見ると、「基本的な作図から仕上げまでを詳細に解説してくれている」とある。専門書と思われるため、初心者には難しいかもしれない。
◆「パタンナー金子俊雄の本格メンズ服」 金子俊雄著 日本ヴォーグ社 2016
紀伊国屋ウェブストアの内容紹介によると、「手軽に作れるエプロンから、本格仕様のジャケットまで、ホームソーイングでもきちんとしたメンズ服が作れるよう、パターンと縫製の様々なところに、工夫を凝らした。」とのこと。S・M・L・LL・3Lサイズ実物大型紙つき。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣服.裁縫  (593 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 文化服装講座 染葉 秋宏∥著 文化服装学院出版局 1952 593.3/SO

2 男子服独習書 染葉秋宏∥著 主婦之友社 1951 593.3/SO

3 男のコートの本 嶋崎/隆一郎?著 文化出版局 2008.11 593.3/O
キーワード
(Keywords)
紳士服
 仕立て方
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000229209解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!