このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
奈良県立図書情報館 (2110012)管理番号
(Control number)
奈県図情-07-015
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2007年11月20日 14時56分更新日時
(Last update)
2007年12月05日 18時32分
質問
(Question)
中国から日本に伝わった梵鐘について知りたい。
全国に2つか3つあると聞いたが、そのうちの1つが奈良にあると言われた。どこにあるのだろうか。
回答
(Answer)
中国から入ってきた鐘(支那鐘)は、過去の報告では2口(宗休寺と熊野神社のもの)とされていましたが、現在では現存するもので36口が確認されており、未報告のものもあると考えられています。
石田肇「日本現存支那鐘研究序説 : 附日本現存支那鐘一覧」によると、奈良県内では国立博物館が1口所蔵しています(重要文化財. 陳・太建7(575)年)。
また、「支那鐘」とは異なるようですが、愛知県の実相寺の梵鐘も、中国の影響を受けた日中混交式で、日本に3つしかないと言われています。
さらに山口県の正讃寺の梵鐘は、和韓折衷式という珍しい様式だということです。

◆出典・参考資料
石田肇「日本現存支那鐘二題 -関東大震災弔霊鐘と大阪箕面寒山寺鐘:附日本現存支那鐘一覧」
(史跡と美術 第六十三輯ノ四 所収)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金工芸  (756 9版)
参考資料
(Reference materials)
石田肇「日本現存支那鐘二題 -関東大震災弔霊鐘と大阪箕面寒山寺鐘:附日本現存支那鐘一覧」
(史跡と美術 第六十三輯ノ四 所収)
キーワード
(Keywords)
支那鐘
梵鐘
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000039593解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!